« ベッドを買いに | トップページ | 新しい小説を掲載しました »

小説 「間違えられた弟」

「間違えられた弟」   とうのよりこ

 「やっとクーリングオフ出来た」と、友人の瑞希からメールで報告があった。
 悪徳水道業者にひっかかったというのだが、事の真相を知りたい私は、すぐメールを返した。
 「良かったね。じゃあ、ごはん食べに行こうよ。話も聞きたいし」
 かくして、瑞希の武勇伝を期待して、待ち合わせ場所の大丸神戸店へ向かった。瑞希の職場から近いこともあり、大抵待ち合わせ場所は大丸を選ぶ。
 「いま着いた」とメールを送ると、「あと10分待って」とメールが返ってきた。
 「玄関のイスがいっぱいだから、『4℃』の前のソファに座ってるね」
 「了解!」

 瑞希を待っている間、ぼんやりと店内をながめる。普段よく訪れる店なのに、ソファから見る景色はまた違う。
 ちょうどメークのキャンペーンをしているようで、何人もの女性が勧誘されていた。
 大抵は断って通り過ぎていくが、ひとりの女性が立ち止まってしまった。断りきれなかったのか、あるいは「やってみてもいいかな」と思ったのか、メーク席に座ってしまった。
 店員は愛想よく手際よくメークを終えた。そして、しきりにほめる。ほめた後は、化粧品を勧める。
 彼女はといえば、少し困った様子。ならば、最初からメークをしてもらわなければいいのに。

 そんな様子を見ていた私の前に、瑞希は現れた。
 「お待たせ。何食べる?」
 「うーん、パスタって気分かな」
 私の答えに瑞希は、ふふっと笑った。私が何を食べたいかとだけ言えば、グルメ通の瑞希は店を選んでくれる。
 「最近、おいしいパスタのお店を見つけたの。有機野菜を使ってるのよ」
 瑞希はそう言うと、元町のほうへ歩き始めた。
 私はその場を去る前に、もう一度化粧品を勧められていた女性のほうを振り返った。彼女の姿はもうない。なんとか切り抜けたようだ。なんだか、ほっとした。

 着いた先は、元町通りから1本南へ下った、こじんまりしたレストランだった。
 「いい感じのお店ね」と言うと、瑞希はにっこり笑った。
 飲み物は、瑞希がスプモーニを、私はカシスソーダを頼んだ。料理は適当に頼み、シェアすることにしているが、どうしても「おすすめ」と書いてあるメニューに目がいく。
 結局、「貝柱と有機野菜のマリネ」「シーフードオムレツ」「海老のペンネ アラビアータ」「ベーコンと有機野菜のピッツァ」をオーダーした。

 「で、なんでまた?人一倍用心深いじゃない?」
 私は瑞希が悪徳業者にひっかかったことが意外だった。
 「それがさ~、ゴールデンウィーク真っ只中の夜だったから、パニックになっちゃって。いつもなら知り合いの業者へ電話するとこなんだけど、ポストに投函されてたチラシへ電話しちゃったの。あとはもうお決まりのコース。まあ知り合いの弁護士に相談したから、ややこしくならずにすんだけど、時間はかかったわ」
 瑞希の家は自営業である。だから弁護士に知り合いがいるのだ。
 「良かったね」
と答えたものの、ものすごい修羅場を期待していただけに、正直がっかりした。
 そんな私の表情を察してか、瑞希がクスクス笑いながら言った。
 「でもね。スピンドラマがあったのよ」
 「スピンドラマ?なに、なに?」
 私はワクワクして身を乗り出した。
 「まだクーリングオフ出来ていない時だったんだけど、その日は父がゴルフで不在だったの。父に『あの業者から電話かかってきても出るな』って、きつく言われてた矢先の出来事だったのよ」

 その日、瑞希の家のリビングにある電話が鳴った。
 ディスプレイ画面を見ると、見知らぬ携帯電話の番号が表示されている。
 それを見た瑞希の母が「あの業者よっ!電話に出ちゃダメよ!」と叫んだ。
 10数回コールがあった後、電話は切れた。母娘ともホッとした。が、数秒たたないうちに、今度は瑞希の携帯電話が鳴った。さっきの携帯電話の番号である。
 「キャー!なんで、私の携帯を知ってるの?」 叫ぶ瑞希。
 「出ちゃダメよ!」と母。
 「でもどうして知っているのよ?あの業者って、実は悪の組織か何かで、ウチの家族のことを何もかも知ってるとか」
 思わず瑞希が口走った「悪の組織」という言葉に、母娘とも黙りこんだ。
 息をひそめて、コールが鳴り止むのを待った。20回くらいコールの後、ようやく電話は切れた。
 胸をなでおろし、玄関のドアが施錠されているかを確認しに行った。戸締りはOKである。

 ほっとしたのもつかの間、今度はマンションのエントランスからの呼び出し音が鳴り響いた。
 母娘とも、ビクッとした。さっきから心臓の鼓動が加速している。
 「いったい、誰なの~?こんなときに・・・」
 母娘2人で、モニターをのぞきこんだ。
 あやしげな男が1人立っている。夕日がさしこんでいるせいか、誰だかよくわからない。趣味の悪そうなシャツ。小脇にセカンドバックをかかえた姿が借金取りに見える。カメラに映った顔もいかにも悪そうな人相である。
 「さっきの電話の主じゃない?」
 「押しかけてきたのかしら?」
 「居留守よ、居留守にしましょ」
 母は断言した。居留守が一番であると。こうして、母娘は息を潜めた。

 5分後、玄関のチャイムが鳴った。もう限界である。
 「・・・・・ダレなの・・・・・」
 瑞希は母に急かされ、物音を立てないように、そっとドアスコープから外を覗いた。
 しかし、誰もいない。
 「お母さん、誰もいないよ。もしかして、さっきの悪徳業者が入り込んできたとか・・・」
 「ええっ!?ここのマンションは安全なはずよ。そんなことはないわよ」
 「でも、誰かが入るときに一緒に入ったとしたら・・・」
 しつこくチャイムは鳴る。
 瑞希は大きく深呼吸すると、ドアチェーンをかけたまま、おそるおそるドアを開けた。ドアを開けた瞬間、わずかな隙間から、ぬーっと腕がのびた。
 「キャーッ!」
 悲鳴をあげる瑞希の目の前に、アンリ・シャルパンティエのケーキの箱が現れた。
 「オレだよ、オレ」という声が聞こえる。
 オレオレ詐欺ではない。この声は弟の声。
 そして、そこに立っていたのは、まぎれもなく弟の俊一だった。

 「なんだよ~、電話しても出ないし、エントランスでも無視するし。たまたまお隣さんと会ったから、一緒に入れたけど」
 「俊一だったの?でも玄関のチャイム鳴ったけど、姿なかったじゃない」
 「ああ、カギを落としたから、拾ってたの」
 「こういう事態でかがむな!紛らわしい・・・。で、なんなの?今、ウチ大変なの知ってるでしょ?」
 瑞希は怒りながら、俊一を家へ入れた。
 「おフクロ、今日誕生日だろ?だから、ほれ、プレゼント」
 俊一は、ケーキとプレゼントを差し出した。
 「あ・・・」
 母は言葉がなかった。悪徳業者騒動で、誕生日も忘れていた。
 ラッピングを開けると、フェラガモの携帯電話用ストラップが入っている。俊一にしたら、奮発したものだ。

 俊一には、最初の電話からのいきさつを説明した。
 携帯電話の番号が登録していなかったからわからなかったこと、エントランスでは別人に見えたこと。
 「はぁ~?息子の顔を見間違える母親。弟の顔を忘れた姉貴。聞いたことないよな」
 俊一は憮然としている。
 アンタのカメラ映りが悪いんじゃないの?・・・とも言えず、母娘ともうなだれた。
 「まあ、来月はオレの誕生日だから、この分きっちりカタつけてもらおうじゃないか」
 「はい・・・」
 俊一の科白に、「アンタこそ、悪徳業者じゃないの?」と言いたい瑞希だったが、今はひかえた。


 翌月の俊一の誕生日には、バーバリーのポロシャツと以前から欲しがっていた「24 シーズンⅣのDVDボックスをプレゼントした。
 まったく思わぬ出費である。


 私はお腹をかかえて大笑いした。
 「そんなにおかしい?」
 「うん、おかしい。だって、ドラマを見てるみたいだったよ」
 私の感想に、瑞希はまんざらでもない顔である。
 「ところで、なんで携帯電話の番号を登録してなかったの?」
 すると、瑞希はむっとしたように答えた。
 「会社で使ってる携帯電話の番号は登録してたわよ。でも、プライベート用に携帯を買ったんだって。だから、番号を知らせてくれないと、こっちも登録しようがないわよね!」
 私はさらに大笑いした。
 最後に瑞希は、こうつけ加えた。
 「弟がなぜプライベート用の携帯を買ったかについては、これからじわじわと追求していくわよ!」
 またスピンドラマが聞けそうである。


(2007年8月 「間違えられた弟」 by とうのよりこ)

|

« ベッドを買いに | トップページ | 新しい小説を掲載しました »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/16086575

この記事へのトラックバック一覧です: 小説 「間違えられた弟」:

« ベッドを買いに | トップページ | 新しい小説を掲載しました »