« フーケのケーキ(2) | トップページ | 年賀状 »

笑い栗と天津甘栗

晩御飯のあと、ダイエットサプリとラブレを飲むのが習慣なんですけど、
その後がいけません。

お菓子を食べちゃうんですよね。
今日はデザートにイチゴをいただいたので、それでやめておこうと思ったんだけど、
食卓に「笑い栗」が・・・。
でも、2個でガマンしました。

「笑い栗」って、カラが割れているので、食べやすいし美味しいですね。
だけど、「天津甘栗」のほうが何だか達成感があるんですよね。
コンビニの「甘栗むいちゃいました」ではないですよ。

爪で一生懸命割れ目を入れて、端を持って割って食べる。
栗を振って、コロコロって音がすると、割れやすいでしょ。
だけど、あけてみると、焦げてる栗が出てきて、ガッカリ。
じゃあ、次のはどうかな・・・なんて、どんどん何個も食べて、そのうち手は真っ黒に。

我が家では初詣の帰り、生田神社の露店で買います。
お正月といえば、「天津甘栗」という具合。
来年のお正月も、食べてるんだろうな~。。。(笑)

|

« フーケのケーキ(2) | トップページ | 年賀状 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/17431649

この記事へのトラックバック一覧です: 笑い栗と天津甘栗:

« フーケのケーキ(2) | トップページ | 年賀状 »