« エッセイ 「ひとりご飯」 | トップページ | ゴルフ復帰ラウンド »

「メガネを買いに」(1)

エッセイ 「メガネを買いに」(1)      とうのよりこ

そろそろメガネを買い換えなきゃ、と思いつつ、かれこれ数年。

普段コンタクトレンズをつけているので、メガネをかけるのは自宅にいるときや
近所のコンビニへ行くときくらい。
裸眼だと、ぎりぎり0.1なので、ぼや~っとしか見えてません。
にもかかわらず、最近は会社に着いてからコンタクトレンズをはめるので、
出勤途中の視界はぼんやり。
「おはよう!」と、肩をポンとたたいてくれる人は良いのですが、気づかない
こともあるので、本当はこういう時不便なんですよね。

「三宮に『眼鏡市場』がオープンしたから、買いに行けばいいじゃない」と、ウチのママ。
「別に『眼鏡市場』でなくてもいいじゃない。あ~、さてはヨン様グッズねらい?」
「ちがうわよ。そんなの、もらえないでしょ」
否定しながらも、ママの口元はにんまり。
「でも前の一件があるから、どうも気が進まないの」

前の一件というのは、ある店にメガネを買いにいったときのこと。
「普段はコンタクトレンズなので」と言うと、
応対した店員の表情がみるみる変わり、
「コンタクトレンズは目に悪いんですよ!今すぐやめたほうがいい!」と断言。
まだ何か言いたげだったので、
「度を測ってもらえます?」とお願いしました。
「もう少し強めのほうが良いですね。見えにくいので」
すると、「これくらい見えてるなら十分」と、それ以上ゆずらない。
あげくの果て「なるべく度は弱いほうがいいんです。これにしなさい」ときた。

「これにしなさい?」

それまで、ず~っとガマンして聞いてたワタシでしたが、
「やめた!」
そう言い捨てて、さっさと店を出て行きました。
ママによると、後に残された店員さんは唖然としていたそう。

「ああ、あのときのことねぇ」と、ママも思い出した様子。
「眼科医でもないのに、コンタクトレンズが悪い云々を言ってほしくもないし、
 これくらい見えてるなら十分。これにしなさい、って・・・。
 なんで強制されなきゃいけないのよ~」
思い出すだけでも、腹が立ってきます。

「まあ、あのときはアタリが悪かったのよ。その点、『眼鏡市場』は店員さんも親切よ」
「やっぱり行ったのね」
「いいのがあればと思って、時間をかけてさがしたんだけど、なかったの。
 だから、娘を連れてくるわって、帰ってきたの」

ああ、そうでしたか・・・。
さぞかし、応対した店員さんは、とっかえひっかえ大変だったでしょう。

でも、ママが親切だという店なら安心かしら。
欲しくもないモノをしつこくすすめる店員には、「じゃあアナタが買えば?」と
バッサリ言う人ですから。
それでいて、良い店なら、買う買わないは別にして、すぐ仲良しになれる人なので。

というわけで、近々メガネを買いに『眼鏡市場』へ行ってきます。
つづきは(2)で。。。

(エッセイ 「メガネを買いに」(1) by とうのよりこ  2008年2月)

|

« エッセイ 「ひとりご飯」 | トップページ | ゴルフ復帰ラウンド »

小説・エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/40087967

この記事へのトラックバック一覧です: 「メガネを買いに」(1):

« エッセイ 「ひとりご飯」 | トップページ | ゴルフ復帰ラウンド »