« ゴルフスクールでのひとこま(6) | トップページ | 秋の気配 »

「シーズレイン」と「べっぴんの町」

11月からゴミの分別が変わるので、
「いらないモノは、早めに処分しとかなきゃね」
家族で話をしていて、最初に浮かんだのはビデオテープ(燃えないゴミ)。

昔に録画したものがたまっていて、割とこまめに処分しているのだけれど、
「やっぱり残しておこう」なんて、捨てられないモノもあります。

深夜に神戸を舞台にした映画特集があり、その時にTV録画した作品が
あります。
「シーズレイン」と「べっぴんの町」。

「シーズレイン」は、なんとなく学生時代とオーバーラップするところがあって。
勿論ワタシは、あんなお金持ちの高校生じゃなかったけれど、遊びに行った
場所も重なり、親近感がわく作品です。
監督は、白羽弥仁。主演は小松千春と染谷俊。ほかに菊池麻衣子や野村
祐人、山下規介(歯医者役)も出演してます。
脚本には、岡田惠和も担当してるんですね~。(最近知った)

「べっぴんの町」(原隆仁監督)
かつて少年院の教官で、今は探偵をしている(柴田恭平)。
クラブの亜紀子(田中美沙子)から、店の上客の娘(和久井映見)さがしを
頼まれます。
そこから、殺人事件などが起こっていくストーリーで、他にヤクザ役の本木
雅弘や金持ち令嬢 令子役のつみきみほ、洋服屋の主人役の鶴瓶が
出演してます。
もう今はないオリエンタルホテルが、令子の宿泊先になっていたり、
震災前のトアロードが映されていたり、とっても懐かしいですね。

どちらも、好きな作品です。。。

|

« ゴルフスクールでのひとこま(6) | トップページ | 秋の気配 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/42489028

この記事へのトラックバック一覧です: 「シーズレイン」と「べっぴんの町」:

« ゴルフスクールでのひとこま(6) | トップページ | 秋の気配 »