« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

ひと足早いクリスマス(6)

兄の近況。

兄と甥っ子にテレビを運んでもらった後、
「ちょっと、PC貸して」と、兄。
自宅のPCの調子が悪く、ネットがつながらないらしい。

普段なら、面倒くさいと思うところだが、今日は特別。
「どうぞ、どうぞ。お好きなだけ。でも、部屋は散らかり放題。
 プリンタは故障してるから、色が出ないわよ」
「いいよ」

ルーターとPCを起動して、部屋を後にした。
母と義姉が後片付けをしているので、少しはお手伝いしないとね。

お茶とケーキの用意ができた頃を見計らったように、兄が降りてきた。
「なんか変な色が出てきたよー」
そう言って、一面ピンクの原稿を差し出す。
「だから、プリンタ故障してるって言ったじゃない」

あまり人の話を聞かないところは、我が家の血筋なのかしら。

「なに?その紙の量は!」
側で、義姉が呆れている。
「PC借りただけじゃなくて、そんなに沢山出力してー!」
言われて見ると、20枚くらいプリントしたようだ。

こういう性格は誰に似たのやら。

義姉が恐縮してあやまるので、
「いいですよ。慣れてますから」
と苦笑する私。
「で、何をプリントしてきたの?」
「メールの添付文書と、こないだの講演の記事」

学者を生業としている兄は、多方面の人との出会いがある。
先の講演で知り合った帰国子女の方のこと、大学の統廃合で
交流をもつようになった医学部の世界など、知りえぬことを
話してくれる。

ただ、ちょっと話が長いのと、やや難解すぎてわかりづらい
ことが難点かな。

「医学部といえば・・・」
いっせいに甥っ子を注目した。
「え?な、なに?」
甥っ子がかたまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと足早いクリスマス(5)

クリスマス。

私は小さい頃から、クリスマスのお祝いをしてきたけれど、
両親は、無縁の世代である。
子供にあわせて、ツリーに飾りつけをしたり、ケーキを買ったり。
ロブスターも、いつの頃からか、クリスマスに食べている。

さて甥っ子にとっては、初めてのロブスター。
パクっと口に入れた瞬間、どんな顔をするか、私たち家族は
見守った。

「おいしいっ!」

あっという間に食べてしまった。
何がどんなふうに、おいしいかなんて、理屈はいらない。
もりもり、ぱくぱくと食べ、
「お腹いっぱい!」
それだけで十分なのだ。
そこには、私たちを幸せにしてくれる、「おいしい笑顔」がある。

そんなワケで、何がなんでもロブスターなのだ。
いつもは、クリスマスの夜に並ぶけれど、今年は2日早く、
家族皆で食べた。

高校生になった甥っ子は黙々と食べ、義姉の分まで平らげた。
相変わらず、食べっぷりは良く、お寿司もサラダも3人分くらいは
ペロリと食べる。

食事の後、頼んでいたテレビを2Fから1Fへ降ろしてもらった。
ブラウン管テレビなので、大きいし重い。
とはいえ、甥っ子にしてみれば、テレビを持ち上げるくらい、朝飯前。
だが、ウチの階段は急で狭いので、一人では危ないから、兄も
手伝っての作業になった。
慎重に降ろしていったので、思っていたより時間もかかり、
見ている母と私は、ハラハラ。

「大丈夫?」
母が心配して言うと、
「たいしたことないよ」
と、甥っ子は案外ケロっとしていた。
「やっぱり男の子だわねー」
そう言うと、今度は照れ笑い。

「じゃあ、テレビを運んでもらったし、お茶にしましょう」
ケーキを準備し、父にも声をかけたが、
「ワシは、お腹いっぱいだから、ケーキはいらん」
と、すげない返事。
「せっかく、買ってきたのにー」

結局、父のケーキは甥っ子が食べることになった。

少し糖分をとりすぎかな。
まあ、運動した後だし・・・。

ケーキを食べながら、それぞれ近況を話し始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと足早いクリスマス(4)

確か甥っ子が保育所に通っていた頃なので、5つか6つの時
だったと思う。
両親が共働きなので、しょっちゅう我が家へ「お泊り」に来ていた。

前もって頼まれる場合もあれば、両親と一緒に来て、突然、
「ボク、今日はお泊りする」
と言い出し、
「急にそんなこと言って。ご迷惑でしょ」
と、義姉が言っても、ガンとして聞かない。

私の両親は、「お泊りはWelcome」なので、
「1回(1泊)だけ?2回(2泊)?」
なんて、彼をそそのかす。

「じゃあ、明日迎えに伺いますので」
恐縮した義姉がそう言うと、母はさらりと返す。
「いえいえ、こちらから送っていきます」
そして、私を見て、にっこり。

つまり、私に車で送っていけ、ということ。

その日も、甥っ子は「お泊り」に来ていた。
夕食を何にするかを相談していて、
「あら、今夜はクリスマスね」
と気づいた。

母が気をきかせて、
「何が食べたい?」
と聞いても、遊びに夢中になっている甥っ子は
「なんでもいい・・・」
と、すげない返事。

「ロブスターが食べたいわ」
横から、私が口をはさむと、
「ロブスター?」
聞きなれない言葉だったらしく、きょとんとした。

「おっきなエビでね、すっごく美味しいのよー」
「食べてみたい」
「じゃあ、今からロブスターを買いに行こう」
「わーい!ロブスター、ロブスター」

というわけで、3人で三宮のいかりスーパーへ向かった。
エスカレーターを降りて、フルーツを選び、野菜をカゴに入れ、
ついでにお肉?
母と買い物に行くと、なんだかんだと買ってしまうので、
「結局、何の料理をするんだったっけ?」
となってしまう。

そうそう、今夜はクリスマス。
チキン、サラダ、それから・・・。
レジ近くのクリスマス食材コーナーにありました。
マヨネーズがたっぷりかかった、ボイルしたロブスターが。

「わっ!おいしそう~!」
甥っ子の目がキラキラ輝いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと足早いクリスマス(3)

帰宅すると、母はまだ出かけずにいた。

「掃除を手伝わされたわよ」
と、うんざりした様子。

甥っ子が来るとなると、父は掃除に精を出す。
出すのはいいが、全て一人でするわけではなく、
「お母さん、ちょっとこれ持って」
「あ、ここ手伝って」
という具合。

まあ、こういうところ、私は父似なので、
あまりえらそうなことは言えないけれど。

「三宮、すごい人よ。掃除で疲れてるんだし、
 出かけるの、やめたら?」
しかし、母は
「じゃあ、ささっと買って、帰ってこなきゃね」
と言うや、そそくさと出かけて行った。
甥っ子のために、ロブスターを買いに。

なにがなんでも、ロブスターなのだ。
母がロブスターにこだわるワケ。
それは、幼い頃の彼のひとことからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと足早いクリスマス(2)

甥っ子が来る前、三宮へ出かけた。
先に用事をすませ、ケーキを買おうと思い、そごうの地下へ行くと、
ものすごい人。

なんなのー、この人出は。
いったいどこから集まってきたのよ?

特に、スイーツ売り場は尋常ではない。
さっさと買わないと、ケーキがなくなってしまうような気がする。

アンテノールの前は、あまりの人だかりで近づけそうにないので、
アンリ・シャリパンティエへ向かった。
こちらも人は多いけれど、ショーウィンドウをのぞく隙間はある。

のの字ロール。
クリスマスケーキ。
人数分を考えて、ラウンドにするか、ショートにするか、迷う。

イチゴのプティビッシュ!
お誕生日に食べたケーキ。

Bcake_081216

見た目もかわいいし、美味しかったので、これにしよう。
「6個くださーい」
店員さんに伝えたあと、しばし待つ間、どんどん買い物客が増えてくる。
これだけ人が多いと、なんだか異様な熱気に包まれている感じ。

「お待たせしました」
店員さんから、大きな紙袋を受け取った瞬間、一刻も早く帰りたくなった。

まさに、人に酔った・・・、である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと足早いクリスマス(1)

ベッドのなかでうとうとしていると、家の電話が鳴った。
母が出て、楽しそうにお喋り。
電話をきったあと、父に何やら話をしに行き、笑い声が聞こえた。

しばらくして、階段の下から
「起きてるの?今日、来るわよー」
と、母の声。

誰が?なんて聞くまでもない。

ようやく起き上がり、階下へ降りた。
時計は、11時前。
確か最初に目が覚めたのは、7時前。
テレビをつけて、それからうとうと。
1時間おきに目が覚めては眠り、の繰り返しだった。

疲れがたまっている、と言えば、その通りだけれど、
寝すぎると、逆に身体がしんどい。

「何時に来るの?」
「6時頃って。王子公園でアメフトの試合があるらしくって、
 それが終わってからだって」
「試合に出てるの?」
「さぁ?そうなんじゃないの?」

母も適当に聞いているから、定かではない。

「私、買い物に出かけるけど、ケーキでも買ってこようか?」
「ああ、そうね。お願い。お母さんは、後でロブスターを買いに
 行ってくるわ。あの子、ロブスター好きだから」

ロブスター?
ああ、クリスマスが近いせいね。
お祖母ちゃんは、孫に甘い。

父も嬉しげに部屋の掃除をしている。
何ヶ月ぶりだろう。
誕生月にも来なかったから、本当に久しぶりだ。

6時前、玄関のチャイムが鳴り、彼がやってきた。
さらに図体はでかくなっている。

でも、はにかみながら、
「こんにちは」と言う様は、変わらない。

そう。久しぶりの甥っ子、来訪だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌舞伎

朝の8時。
「今日は歌舞伎を見てくるわね」
と、いそいそと出かけたママ。

2ヶ月くらい前、叔母が誘ってきたのです。
『京都南座の當る丑歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎』に。

「錦ちゃん(中村錦之助)亡きあと、2代目を継いだ甥っ子が
 出るらしいのよ」
初代から後援会に入ってる叔母。
もちろん襲名式へも行き、会場で撮ったいろんな有名人の写真を
見せてくれました。
中村獅童さんとのツーショット写真もあり、テレビで見るまんまの顔でした。

「誰が出るの?」
「吉衛門よ」
「あら、じゃあ、弁慶?」
「違うわよ。夜の部のほうが演目が面白いんだけどねぇ。泊まりに
 なっちゃうから、お昼にしたの」と、叔母。

チラシを見ると、確かに夜の部のほうが魅力的。
〔昼の部〕
 「正札附根元草摺」
 「八陣守護城」
 「藤娘」
 「梶原平三誉石切」
 「ぢいさんばあさん」

〔夜の部〕
 「傾城反魂香」
 「大石最後の一日」
 「信濃路紅葉鬼揃」
 「源氏物語」

それにしても、海老蔵に玉三郎、藤十郎、仁左衛門って。
これは豪華絢爛。
ママが楽しみにしていたのもムリないですね。

帰ってきたのは、6時半。
10時半開演で、途中30分休憩が1回、15分休憩が2回あり、
終わったのが4時だとか。
お土産の生八橋をほうばりながら、話を聞くと、
「桟敷で、花道が目の前だから、よく見えてね。良かったわー」
と、ご満悦。

とはいえ、やっぱり京都まで出かけて疲れたのか、早めに
休んでました。
今ごろは、歌舞伎の夢でも見てるのかしら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンタはご機嫌ななめ

今使ってるプリンタは、4台目。
Win95時代に使っていたレーザーモノクロプリンタはエプソンでしたが、
それ以外はずーっとキャノン。
最初に買ったのがキャノンだったから、という単純な理由です。

自宅のプリンタって、あまり普段使うことはなくて、
年賀状やカレンダーを作る年末、ちょうど今時分ですね。
こき使うワケですが、どうも去年あたりから、ご機嫌ななめ。

青(シアン)がうまく出てくれません。
まだインクが残ってたけど、とりあえず新しいインクに変えてみて、
クリーニング、ヘッドリフレッシュをやり、パターン印刷してみるんだけど、
出ない。

キャノンに電話してみると、
「故障かも・・・」と言われてしまいました。
「プリントヘッドの異常ではないですか?」
「そうかもしれませんが、ヘッドを変えてなおると断言できません」
「年内戻ります?」
「ギリギリですが・・・」

こうなると、早めに修理に出しておけば良かったと後悔するばかり。
「シアンを入れなきゃいいのよ。イエローとマゼンダは出てるんだから。
 宛名はブラックでOKだし」

強引に印刷を継続していると、
「ブラックがありません」のメッセージ。
AMにインクを買いに行ったところ。
また出かけるのも億劫。

とりあえず、パパの年賀状だけは印刷が終わったので、
ママとワタシの年賀状は、後日ということにしましょ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日は残業で

学生時代や社会人なりたての頃は、
お誕生日といえば、大騒ぎ。

プレゼントに、お花に、フルコースのお食事。
ひどい時は、1週間続いたことも。

今から思えば、
「よくもまぁ・・・」と、我ながら呆れてしまいます。

そして、今夜。
はたと気づけば、残業してました。

帰宅すると、ママがケーキを買ってくれてました。

Bcake_081216

初めて食べたケーキでしたが、美味しかったデス。

それにしても、疲れた。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バースディ・サプライズ

昨夜、職場の仲間と忘年会があったのですが、
思いがけず、お誕生日をお祝いしてくれました。

お店は、三宮の「花回廊」。
お寿司のコースなのですが、フレンチ風の、とってもオシャレな感じ。
お寿司も食べ放題で、お腹いっぱい。

お料理の後、デザートが運ばれてきたので、
何気に見ると、プチラウンドケーキにロウソクが3本。

「!?」

Cake_081216

他のテーブルにいらしたお客さんからも、
「おめでとうございま~す!」
と、お祝いされて、思わず照れちゃいました。

小さなブーケも添えられてあり、とっても嬉しかったです。
勿論、帰宅して飾りましたよ。

Flower_081216

プレゼントは、ちゃーんと意味があるものばかりで。
「カイロ入れは、寒がりだから。ママバター(ハンドクリーム)は
 手アレがひどいから、一度試してみて。首肩腕に負担をかけ
 ないシャープペンとボールペンはね、少しでも肩が凝らない
 ように。消しゴムは、『それ、ほしい~』って言ってたから」

Present_081216
心のこもった、ステキなプレゼント。
有難うございます。

そして日にちが変わり、今日が○○回目のお誕生日デス。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

篤姫、最終回

とうとう「篤姫」最終回!

終わりに近づくにつれ、ちょっと駆け足になり、
今夜は回想シーンも含めて、出演者も多かったから、
最初のテロップも総集編みたいに流してましたね。

家定将軍が回想ではなく登場するかな?
なんて期待してましたが、回想だけでしたね。(残念!)

生涯、薩摩に戻らなかった篤姫。
ラストシーンの笑顔は、ホッとさせられましたね。

楽しい大河ドラマでした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

人ごみに疲れる

スクールの後、検査結果を聞くため、病院へ向かいました。
ルミナリエ開催中なので、車を置いて、バスで。
予想はしてましたが、トアロードにさしかかると、なかなか動かない。
だけど、これはまだ序の口でした。

バスを降りて、大丸方面へ向かっていくと、すでに通行規制が始まっていて、どこをどう通ればいいのかもわからない状態。
あちこちにフェンスがあって、「出口」と書かれてるだけ。
何が「出口」なんだ?

「すみません。大丸より南の病院へ行くので、通りたいんですけど」
係員へ伝えると、
「どうぞ」と通してくれました。
ところが、別の係員が制止してくるので、また説明。
こんなことをフェンスがあるたび繰り返しました。

病院の帰りは、更に人が増え、ごったがえしてました。
はて、元町アーケードへ行くには、どう行けばいいんだ?
大丸の西側の道路は、エンエンとフェンスをはりめぐらしてあるので、いったん南下して、横断歩道を渡りました。

渡ったところで、またフェンス。
「あのー。元町通りの薬屋へ行きたいんですけど」
「あ、通ってもらっていいですよ」
「ありがとうございます」
ここまでは良かったのですが、フェンス前で別の係員の人が通してくれない。
「通り抜けできませんよ!」
「だから、ルミナリエじゃなくって、そこの薬屋なの」
何度も事情を話して、やっとあけてくれました。

ところが、元町アーケードへ着くと、ど真ん中がルミナリエへの通路になってて、フェンスがはりめぐらしてありました。
薬屋で、どっちへ行けばいいのかを聞くと、
「ファミリアまで行けば、北へ出れますよ」

大遠回りして、元町駅の北にあるバス停まで行ったものの、帰りのバスも、道路事情で大幅に遅れていて、満員のバスにゆられて家にたどり着きました。

ああ、疲れた。。。

それにしても、ルミナリエの通行規制。
なんとかならないかしら。
あの界隈は、仕事をしている人もいるし、病院へ行く人、普段通り買い物をする人もいます。
大丸に勤めてる人は、
「帰りはとんでもないですよ。仕事で疲れてるのに、人ごみを横切り、遠回りしなくちゃいけないので、イヤになります」と、嘆いてました。

まず、どう行けばいいのか、何にも書いてないので、迷います。
フェンスをはりめぐらして、係員、警備員を配置するのなら、「出口」じゃなく、「双方向、一時通行可」にしてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネーム入りボールとシュークリーム

土曜日。
目が覚めたのは、10時半。
すでに、ゴルフスクールが始まってる時間。

それにしても、アタマとノドが痛い。
金曜日は忘年会で、2次会のスナックで大騒ぎしたせいかしら。
とりあえず、スクールへ電話して、午後に振りかえました。

スクールに着くと、
「また寝坊?」と、M先生。
「昨日、忘年会だったの。普段より飲みすぎたみたい」
まだアタマもカラダもぼーっとした状態で答えると、

M先生がゼクシオのボールの箱を引き出しから取り出してきました。

「あ!出来たの?」
来年の初打ちの時に使おうと思って、注文しておいたのです。
あけてみると、ちゃーんとネームが入ってました。

嬉々と喜ぶワタシに向かって、M先生。
「ところで、先週、文句のメールしようかと思ったんだよ」
「え?なんで?」
「シュークリーム!」
「は?」

そういえば、先週のこと。
「シュークリームを買って帰りたいんだけど、どこか美味しい店はない?」
と聞かれ、
「オークラのシュークリームは美味しいけど、大きいのよね。
 車がとめられるとこなら、フーケ庵。近いし」
と答えたワタシ。

「で、行ったんだよ。フーケ庵。車もすんなり停められたし。
 けど、店内はすごい人でね。人の隙間からショーケースを見たら、
 『シュークリーム完売』だったんだよ。まだ3時前なのに」
「え?そうなの?じゃあ別の店へ行ったの?」
「生田新道のアンテノールへ寄ったら、完売。あと、さがしてみたけど、
 車が停められないとこだったりで、結局買えずじまい」
「あららー。・・・で、なんでメールなの?」
「フーケ庵に無かったからだよー!」

食べたいときに無いっていうのは、確かに悔しいですけどね。。。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒冷ゴルフ

この土日、一気に寒くなりましたね。

昨日は風もきつくて、街中でも雪がちらちらしてたので、
「ゴルフ場は、雪降ってるだろうな~」
なんて思ってました。

それに今朝も、ベッドから出るのが億劫になるくらいの寒さ。
でも、ゴルフに行かなきゃ・・・と、気合いをいれて、
合同月例に出かけました。

冬のゴルフに、カイロは欠かせません。
お腹と腰、背中、それから足のつま先にはって、と。
もちろん、暖かいアンダーウェアも着てますよ。

スタートホールに行くと、ティーグラウンドが凍ってました。
昨夜、霰が降ったとか。
太陽があたらないところは、フェアウェイもカチコチ。
当然、グリーンもカチンコチン。

「こりゃ、手前から転がさないとね」
そう言ってても、いつもの調子で打ってしまい、普段なら
ナイス・オンなのに、カチーンと跳ね返って、グリーンオーバー。
パットも、ちょっと打ちすぎると、転がる、転がる。

3ホールを過ぎた頃から、身体も温まり、陽もさしてきたので、
少しマシになってきました。
でも、午後からまた冷えこんできて、残り4ホールは風が冷たくて、
本当に寒かった。

思えば、冬のゴルフは2年ぶりなんですよね。
去年は骨折してたから、冬にラウンドしてないので。

「今月また行くの?」
「もう行かない。寒いから」
「じゃあ来年の1月の合同月例でね」
「はーい」

そう言って別れたものの、考えたら、1月のほうがもっと寒い
ですよね。
寒さ対策、しとかなきゃ。。。

☆ 今日のランチは、カニのカルボナーラパスタセット。 ☆

Lunch_081207


そうそう。ラウンドしてたので、ニュースでしか見れなかったけど、
遼クン、大健闘 5位でしたね。
ほんと、遼クンYearの男子ゴルフでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オトナグリコCM(2)

最近、久しぶりに「オトナグリコ」のCMを見ました。
タラちゃん & イクラちゃんによる仕事&屋台編(ライバルバージョン)。

株式会社イクラネットのCEOになってるイクラちゃんと、
屋台のタコ焼き屋をやってるタラちゃん。

「昔からイクラちゃんには負けたくないと思ってたんだよね」
タラちゃんがそう言うと、
「オレも思ってたよ・・・しゃべれなかったけどね」

うっ、なんとも言えないオチ。

ネットで、もうひとつの仕事&屋台編を見ました。
最後のオチが違ってました。

タコ焼き屋をやってると、ちょっと卑下するタラちゃんに、
イクラちゃんが言います。
「いまのタラちゃん、カッコいいと思うよ」
そう言われて、笑顔で
「じゃあ、チェーン展開しよっか」
と、タラちゃん。
すると、イクラちゃんのクールなひとこと。
「それはないな」

イクラちゃん、何があったの?
思わず、そう言ってしまいそうになりました。

それにしても、よく考えましたね。
次の作品が楽しみです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度はサカムケア

また、指のひび割れがひどくなってます。

皮膚科の薬は使ってますが、
ロコベースリペアクリーム、アロエハンドクリーム、
ヒビケアに続いて、今度はサカムケアを試してみました。

これは塗る絆創膏なので、
「どんなものかしら」と、買ってみただけ。
ゴルフをしてると、バンドエイドがはがれるので、持ちが
良ければ、使ってみようかと思って。

開けてみると、なんだかセメダインの匂い。
ハケで塗るところなんて、マニキュアっぽいですね。

ひび割れてるところに、塗ってみました。
「痛いーっ!」
そう。思いっきり、しみるのです。

説明書を読んでみると、
「塗った時しみることがありますが、乾くと、しみません」

フーフー、息をかけながら、乾かしていくうち、
痛みもなくなりました。

うーん・・・。
一時的には良いかもしれないけど、指を動かしてると、
はがれてくるんですね。
そして、塗る時の痛みときたら・・・。(涙)

もう少し使ってみますが、長続きはしない感じかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ルミナリエ

晩御飯のあと、夕刊(神戸新聞)を手にとると、
ルミナリエの写真が掲載されてました。

今年は4日から15日までの開催。
震災の年からなので、14回目。

2008年の作品テーマは、「光のインフィニート」。
インフィニートは、イタリア語で「無限」だそうです。

☆詳しくは、「ルミナリエ」のHPで。
   http://www.kobe-luminarie.jp/


街は、すっかりクリスマスモード。
時節がら、シャドーボックスもクリスマスシリーズにしました。

☆ 『クマさんの靴下』 ☆

Christmas01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遼クンと美保ちゃん

カシオワールドオープン13位で、獲得賞金 1億円を突破した
石川遼クン。
いやはや、すごい17歳です。
優勝した小田孔明さんより、ビッグニュースになっちゃいましたね。

そして、リコーカップで、逆転優勝で賞金女王に輝いた
古閑美保ちゃん。
カシオワールドオープンのほうを見ていたので、美保ちゃんの
優勝は、ニュースで見ました。

えっ!?全美貞と不動裕里は?
事の顛末を知って、ビックリ。
強いプロでも、短いパットをはずしてしまうんですよね。

それでも、最後の2ホールを連続バーディとった美保ちゃんは、
すごい!

それにしても、今年は遼クン一色って感じのゴルフでしたね。
まだ来週も日本シリーズがありますけど。
今日のNHKニュースでも、特集されてました。

ツアー途中で、スィング改造していたこと。
ツアーも練習のひとつだと思って、とにかく上達することだけを
考えていたこと。

17歳だから出来たこと?
いやいや、いくつであっても、あれほどの情熱をもって、
誰でも出来ることじゃないですね。

やっぱり、すごい器です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »