« ひと足早いクリスマス(2) | トップページ | ひと足早いクリスマス(4) »

ひと足早いクリスマス(3)

帰宅すると、母はまだ出かけずにいた。

「掃除を手伝わされたわよ」
と、うんざりした様子。

甥っ子が来るとなると、父は掃除に精を出す。
出すのはいいが、全て一人でするわけではなく、
「お母さん、ちょっとこれ持って」
「あ、ここ手伝って」
という具合。

まあ、こういうところ、私は父似なので、
あまりえらそうなことは言えないけれど。

「三宮、すごい人よ。掃除で疲れてるんだし、
 出かけるの、やめたら?」
しかし、母は
「じゃあ、ささっと買って、帰ってこなきゃね」
と言うや、そそくさと出かけて行った。
甥っ子のために、ロブスターを買いに。

なにがなんでも、ロブスターなのだ。
母がロブスターにこだわるワケ。
それは、幼い頃の彼のひとことからである。

|

« ひと足早いクリスマス(2) | トップページ | ひと足早いクリスマス(4) »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/43531138

この記事へのトラックバック一覧です: ひと足早いクリスマス(3):

« ひと足早いクリスマス(2) | トップページ | ひと足早いクリスマス(4) »