« ひと足早いクリスマス(5) | トップページ | 新年を迎えて »

ひと足早いクリスマス(6)

兄の近況。

兄と甥っ子にテレビを運んでもらった後、
「ちょっと、PC貸して」と、兄。
自宅のPCの調子が悪く、ネットがつながらないらしい。

普段なら、面倒くさいと思うところだが、今日は特別。
「どうぞ、どうぞ。お好きなだけ。でも、部屋は散らかり放題。
 プリンタは故障してるから、色が出ないわよ」
「いいよ」

ルーターとPCを起動して、部屋を後にした。
母と義姉が後片付けをしているので、少しはお手伝いしないとね。

お茶とケーキの用意ができた頃を見計らったように、兄が降りてきた。
「なんか変な色が出てきたよー」
そう言って、一面ピンクの原稿を差し出す。
「だから、プリンタ故障してるって言ったじゃない」

あまり人の話を聞かないところは、我が家の血筋なのかしら。

「なに?その紙の量は!」
側で、義姉が呆れている。
「PC借りただけじゃなくて、そんなに沢山出力してー!」
言われて見ると、20枚くらいプリントしたようだ。

こういう性格は誰に似たのやら。

義姉が恐縮してあやまるので、
「いいですよ。慣れてますから」
と苦笑する私。
「で、何をプリントしてきたの?」
「メールの添付文書と、こないだの講演の記事」

学者を生業としている兄は、多方面の人との出会いがある。
先の講演で知り合った帰国子女の方のこと、大学の統廃合で
交流をもつようになった医学部の世界など、知りえぬことを
話してくれる。

ただ、ちょっと話が長いのと、やや難解すぎてわかりづらい
ことが難点かな。

「医学部といえば・・・」
いっせいに甥っ子を注目した。
「え?な、なに?」
甥っ子がかたまっている。

|

« ひと足早いクリスマス(5) | トップページ | 新年を迎えて »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/43579512

この記事へのトラックバック一覧です: ひと足早いクリスマス(6):

« ひと足早いクリスマス(5) | トップページ | 新年を迎えて »