« 久々のDSトレーニング | トップページ | 遼クン、スマスマ出演 »

ひと足早いクリスマス(7)

医者への願望。

祖母の実家は開業医だった。
私の曾お祖父ちゃんにあたる人は、とても気のいいお医者さんだったが、
お酒が大好きで、母によると、「酒で身上をつぶした」らしい。

「いつか家を再建する」

そう願いながらも、祖母が結婚した祖父は、鉄工所を経営していた。
教育熱心な祖母だったが、折りしも戦中戦後で、生きていくのがやっと。
医者どころではない。

「子供がダメなら、孫に賭けよう」

まずターゲットになったのは、兄。
真面目で勉強家の兄は、理系に進み、期待に応えるかに見えた。
が、しかし。
高校2年で、語学に目覚め、外語大へ。
見事に期待を裏切ってしまったのだ。

じゃあ、次は従姉。
彼女も優秀で、理系コースに進んだ。
ただ病弱だったこともあり、医者をする体力はないだろうと、薬学部へ
入学した。

「結婚相手が医者ならいいわね」

ところが、従姉は大学3回生で、工学部へ転部してしまった。
「どうも解剖が苦手で・・・」と、従姉。
それに、父親がエンジニアだったので、同じ道に進みたいと思ったらしい。

年齢順でいくと、次は私。
祖母は私を見て、ため息をついた。

「よりちゃんは、まず勉強せなね・・・」

私は理数系が苦手だった。
特に、数学の応用問題。
たとえば、「~だから、~である。ゆえに・・・」なら、
「どうして、~だから、~になるの?」と、そこで止まってしまう。
今なら、スパッと考えられるのだが、当時は理解できず、苦手意識が
先行した。

だから、私はハナから文系。

祖母が亡くなり、兄が結婚して、甥っ子が産まれた。
その2年後、従姉も男の子を出産した。
すると、母や伯母たちがこぞって言い出したのだ。

「誰かを医者にしよう」と。
まずは、甥っ子がターゲットになった。

|

« 久々のDSトレーニング | トップページ | 遼クン、スマスマ出演 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/43772428

この記事へのトラックバック一覧です: ひと足早いクリスマス(7):

» 医者を結婚相手にするのが難しい理由 [医者(医師)を結婚相手にする方法]
医師との結婚は難関。結婚相手の人気職業の1位は医者。・・・とは言っても、医者との結婚は難関といっていいと思います。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 19時00分

« 久々のDSトレーニング | トップページ | 遼クン、スマスマ出演 »