« ひと足早いクリスマス(9) | トップページ | ひと足早いクリスマス(終) »

ひと足早いクリスマス(10)

人生、山あり谷あり。

そんな話をするうち、兄も私もどんよりとした気分になってしまった。
出るのは、ため息ばかり。

暗い空気を察した甥っ子は、父の部屋へテレビを見に行ってしまい、
義姉が気まずそうに、かといって、席をはずせずにいる。

何かきっかけを作らなきゃと、思いつくままに言った。
「お兄ちゃん、覚えてる?おばあちゃんの口グセ」

すると、兄はウンウンと頷いた。
「覚えてるよ。『人生、山あり谷あり』だろ」
「そう。物心ついた頃から、何かにつけて言ってたわよね」

『人生、山あり谷あり。いい時もあれば、悪い時もある。
 負けるが勝ちの時もある。どんな時でも、まっすぐに生きて
 いれば、必ずいい時が巡ってくる』

兄がクスッと笑った。
「何かにつけて、じゃないだろう。僕らが落ちこんだ時に言って
 くれてたんだよ。励ましの言葉として」
「確かにそうね」

ようやく笑顔になった兄と私を見て、義姉も安心したようだ。
「コーヒー、おかわり入れましょうか?」
見ると、ずいぶんさめてしまっている。
「お願いします」

|

« ひと足早いクリスマス(9) | トップページ | ひと足早いクリスマス(終) »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/43868100

この記事へのトラックバック一覧です: ひと足早いクリスマス(10):

« ひと足早いクリスマス(9) | トップページ | ひと足早いクリスマス(終) »