« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

太平洋ゴルフ 六甲コースでコンペ

今日はゴルフコンペ!
ゴルフ場は、太平洋クラブ 六甲コースです。
有馬のほうは、2度ラウンドしたことがあるけど、六甲は初めて。

お天気よし、メンバーよし、コースよし!
ほーんと、いいコースでした。

でも、かなり難しかった。
特に、グリーン。
とにかく、早いの。
練習グリーンで、難しそうだな~と感じたけど、コースグリーンはもーっと難しくって。
カップを外すと、すーっと転がっていくし、油断すると、短いパットでも、カップにけられるし。

まだまだ練習しないとダメだなー、と痛感。

あと、体調も万全でないとね。
昨日から頭痛がひどくって、ほんとツラカッタ。。。(涙)
それでも、ゴルフへは行きたいんですよね。

☆ 今日は昼食付。
  「せいろそばセット」をオーダ。天ぷら、押し寿司付デス。 ☆
Lunch_090430

☆ レストランに飾ってあった五月人形 ☆
G_0904303

☆ OUT 6番ロングホール ☆
G_0904301

ドラコンホールは、6番と14番のロング。
1組目だったので、ドラコンフラッグに名前は刻むんだけど、あえなく後続組に抜かされていきました。
同じフロントティからまわってるので、飛距離は、男性にはかなわないですね~。

☆ IN 10番ロングホールから見たクラブハウス ☆
   かわいいクラブハウスですよね。
G_0904300

☆ IN 10番ロングホール (大たたきしちゃった) ☆
G_0904302 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフスクールでのひとこま(13)

先週から再開したゴルフスクール。
準備していたら、ケータイが鳴ったので、発信者名を見ると、M先生。

何かあったのかしら?

電話に出ると、
「有馬街道が渋滞しててね。全然動かないんだ」
「そうなの?事故でもあったのかしら?」
「5分くらいとまってて。いまどこ?」
「まだ、家」
「え?」

たぶんM先生は「渋滞で遅れる」と言いたかったんでしょうね。
でもワタシはまだ車にも乗りこんでいなかったのです。(笑)

「いまから出ようと思ってて。じゃ、着くのが遅くなるわね」
「そうだね。あ、少し動き出したよ」
「はーい。ワタシも今から向かいます」

平野まで行くと、少し混んでいるもよう。
でも、ノロノロだけど、進んでいるので、ほっ。
山麓バイパスの出入口付近で、軽自動車を乗せたレッカー車がとまってました。

やっぱり事故だったのかしら?

そこを過ぎると、スムーズに流れ、案外早めに着きました。
車の外に出ると、寒ーい。

「割と早かったね」
トランクからバッグを出していると、M先生の声。
振り返ると、駐車場で待ってくれていたようです。

ゴロゴロ、バッグを引きながら(ワタシのバッグはキャスター付なので)、
「事故だったの?」
と聞くと、うなづく先生。
「雨でスリップしたみたいだよ。上り車線で、反対向いてとまってた」
「そうなの。こわいわねー」
「だね。今日ガスも出てるから、ボールが見えにくいよ」
「それより、さむいーっ!」


考えてみたら、今までは室内スクールだったので、暑さ寒さと無縁。
カラダを動かせば、「暑い」と言うくらい。
でも、屋外となると、話は別。
動いているワタシはともかく、教えているM先生は寒いでしょうね。

「先週教えたこと、覚えてるかな?」
「さあ、どうでしょう」

それより、まだカラダが起きてない感じで、下半身がフラフラ。
ほんと、運動不足ですね。
10球ほど打つと、あったまってきたので、いくぶんマシになってきました。

「アウトインのクセが出てるよ」
「右肩が下がってるよ」

自分のクセがわかっていても、なかなか直りませんね。
だけど、スクールを休んでいる間、「何が悪いんだろう?」と理由がわからず、鏡を見ながらクラブをふっても、なんだかぎこちない感覚が、すっかりなくなりました。

「いい球打ててるよ」
「うーん。現場でいかせればいいんだけどね」

そう。来週はコンペがあります。
頑張らなくっちゃね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ゴルフスクールでのひとこま(12)

3ヶ月ぶりにスクールへ行ってきました。
以前通ってた施設がなくなったので、今度は菊水ゴルフクラブへ。
有馬街道の途中にあり、結構きつーい坂を上がりきったところに
あります。

車をとめて、クラブハウスに入っていくと、
ロビーのソファに腰掛ける男性がこちらを見てます。
そう、M先生!

「お久しぶり~」
手をふりながら言うと、怪訝そうな顔をしながら
「なんで手ぶらなの?」と、M先生。
「え?練習どうしようかなーと思って。後でクラブを取りに行っても
 いいし」
「全然やる気ナシ?まぁいいけど。お茶でもする?」

とりあえず、ティールームへ。
先生はアイスコーヒー、ワタシはオレンジジュースをオーダ。
「先生、やせた?」
「そうなんよ。ぎっくり腰やってね、痛くて食べられなくて」
「まだ腰悪いの?手術しなくていいの?」
「先月末にしようかと思ったけど、なんとか乗り越えた」
「そうなの。ワタシも腰痛ひどくてねー。かばうから、ものすごく
 下手になってる」

再会にしては、”病話に花が咲く”って感じですね。

「ところで、レッスンは何時からなの?」
「適当だよ。だって、皆テキトーに来るから。1時からって言っても、
 1時半だったり、2時だったり」
「今日は誰が来るの?」
「顔見たら、わかるよ」

Mさんは肩の故障でお休み中と聞いてるので、誰かしら?
と思ってたら、見覚えのある女性が入ってきました。
「あ、続けてたのね」
「お久しぶりです」
なんて具合に、またおしゃべり。
いったい、いつになったらレッスンを始めるんでしょうね。(笑)

ワタシはとりあえず「打得会員」に入会して、車にクラブを取りに行き、
バッグをかついで、打席に向かいました。
この段階で、ゼーゼー。
「エレベーターないの?」
「・・・あるわけないでしょう」
「あ、靴下忘れた。まあいいや。ボール、どこ?あ、そこか。
 ねー、これどうやって出すの?ああ、わかった」
一人で聞いて答えるワタシの様子を見て、
「変わってないねー」と、M先生。

ようやくレッスン開始です。
Aでふってみると、ダフった変な当たり方。
「打ちに行ってるから、前のめり状態。加えて、クラブが外から入ってる」
「どんなことしてる?」
すると、M先生が再現してくれます。

「ああ、わかった」
素振りで調整した後、打ってみると、今度はトップ。
「腰の回転が遅いね。腰痛のせいだろうけど」
「どんなふうになってるの?」
またM先生が再現。

「あ、それね。わかった」
打ってみると、まだ左にひっぱってるものの、まあまあのアタリ。
シャンクがこわくて、左にひっぱるクセがあるんだけど、
なおし方がわからない。

「そんなにぎゅーっとじゃなく、もっとグリップをゆるめに握って」
「ゆるむと、シャンクしそうだもの」
「大丈夫だよ」

怖々ゆるめに握って振ると、きれいに飛びました。
「あ、なおった」
「でしょ。フェードっぽい球になってるよ。もう少し体重がのれば、
 ちゃんとフェードになるんだけどね」
「なるほどー」

ひと通りクラブを打ってみましたが、なんとか戻ってきたみたいです。
なんだかんだ言って、真剣に100球練習すると、疲れました。

「やっぱり見てもらってよかったわ」
お礼を言うと、
「で、どうするの?続けるの?」とM先生。
「うん、来週の土曜日も来るわ。やっぱり練習しないとね」
「じゃあ、待ってる」

というわけで、スクール再開です。
月末にコンペもあることだし、
今のうちに、みっちり練習しておかないとね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

またスクールへ?

ラウンドの疲れもとれた今日になると、
「なんで、あんなにヘタなの?」
と、へこみ気味。
青空のもと、スカッと飛ばしたい気分なのに。

やっぱり、練習してないせいかしら。

通ってたスクールがなくなったので、
「最終日には顔を出しますね」
なんて言ってたのに、結局用事があって行けずじまい。

せっかくM先生から、
「4月からは、○○でやりますけど、来れますか?」
とメールをいただいたのに、返事も出さず。

あ、これは単なる不精デス。
行けそうになってからにしようと思って。

「土日の時間帯と料金を教えてください。
 最近は腰痛もスコアも不調です」
そう書いて送ると、すぐ返事がきました。

今度のスクールは、ボール代が別だけど、
土日なら回数無制限?みたい。

とりあえず今度の土曜日に顔を出すことにしました。
フォームも見てほしいし。。。

☆ フーケの春のいちごパイ ☆
季節限定品らしいですよ。
パイ地にチョコレート、カスタードクリームと苺クリーム。
サクサクした食感で、とっても美味しいの。
Cake_090412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏なみのゴルフ(’09)

去年の5月4日も同じタイトルでしたけど、
今日のゴルフも、ほんとに暑かった!デス。

疲れがたまっていたせいか、あまりカラダが動かなくって、
シャンクにチョロに・・・
ああ、もうボロボロ。。。(涙)

やっぱりスクールをお休みしてるせいかしら。

とはいえ、ゴルフ自体は楽しく、
あっという間にホールアウトした感じでした。

ただ、4月とは思えない暑さだったので、日焼けもしちゃって、
帰宅してから、あわてて美白パック。
この時期の紫外線は強烈なので、当分パックが必要かも。

ゴルフといえば、遼クン予選落ちになっちゃって、残念!
気持ちをきりかえて、国内戦を頑張ってほしいデスね。


☆ 今日のランチはパジリコのカルボナーラ ☆
スタート時間が遅めだったので、ランチタイムが1時。
お腹ペコペコなので、ぺろりと食べちゃいました。
Lunch_090411

☆ IN17番 ネコホール ☆
コンビニやお菓子の袋をガサガサすると、
「ニャー」ってなきながら、ゾロゾロ出てきました。
グレーの子は初めて見る顔。
Shinyucat01

ツンとした顔がなんともいえず、かわいい~。
Shinyucat02 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

耳のなかで「パンッ!」

普段、あまり意識することではなくても、
いったん気になりだすと、気になって仕方がないコト、
ってありますよね。

特に、病ネタとなると。

ある夜のこと。
眠りにつきかけた頃、突然耳のなかで、
「パンッ!」という破裂音が聞こえ、ビックリして
目が覚めました。

一瞬、表通りの車か何かがパンクしたのか?
と思ったけど、
いやいや、耳のなかで聞こえた。
なんだ、今の音は。
でも、その時は睡魔が勝って、すぐ寝てしまいました。

そして、日曜日の夜。
また音がして、ドキっとして目が覚めたのです。
2回目となると、さすがに気になり始め、
「なんだろう?どっかのセンでも切れた?」

ネットで調べてみると、耳の病気があやしいもよう。
そういえば、耳鳴りもする。
突発性難聴、メニエール病・・・。

「ともかく、早く医者に行け」と書いてあります。

あれこれ思い出してみると、先々週のこと。
DVD再生プレーヤーが合わず、音が出なかったため、
他のPCを借りて試してました。

「再生して」
ヘッドホンをつけた状態で、操作を待ってると、
いきなりの大音量。

「ギャー!!!」
悲鳴とともに、ヘッドホンを離したワタシ。

「ごめんなさい。ボリュームの設定が・・・」
操作していた人も、慌てふためき、オロオロ。

「もうーっ。耳が聞こえなくなったら、どうしてくれるのよっ」
「すみません。申し訳ありません」

その時は、ちょっと耳が痛いかな?って程度で、
特に聞こえづらいこともなく。
とはいえ、やっぱり気になる「パンッ!」っていう音。

早めに検査してきましょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の月例ゴルフ ドット・グリーン

昨日の雨から、うってかわって、今日は晴天。
気温もあがり、あったかくなりました。

さて、神有の合同月例です。
ゴルフ場に着くと、キャディさんに
「寝起き?」と聞かれ、
「そうー。さっき起きたとこ」とお返事。
「さっき起きたとこ」ではないけど、眠かったのはホント。

チェックインした時、フロントで
「グリーンが配管工事中なので、ご迷惑をおかけしますから、
 ドリンク券をお付けしてます」
と、渡されました。

今は、グリーンに目土を入れる時期らしいですけど、
ドリンク券を渡されるってことは、もしや・・・。
ふと去年のグリーンの状態が思い出され、いやーな予感。

キャディさんに聞くと、
「そうやねん。ちょっとねー、穴が・・・」
顔をしかめます。

遠目で見ると、キレイに見えるんだけど、あがってみると、
「なに、このドットとライン」
思わず口に出てしまうほど、整然と並べられた穴ぽこと、
継ぎ目がライン状になってました。

「これじゃラインなんて、関係ないね」
その通り。
かなり強めに打たないと、穴に跳ねてボールが止まるんです。
「跳ねた」 「止まった」
なんて具合で、ラインが溝の役割をして、思わぬ方向に流れたり。

「どうせなら、緑色に着色した砂を目土に入れておいてくれたらいいのに」
そう呟いてみたものの、こんなにコンディションの悪いグリーン。
悲しくなっちゃいますね。

早く良い状態になりますように。。。


☆ 今日のランチは、パスタセット ☆
Lunch_090405

☆ INの10番 ☆
In_no10

☆ INの17番の池。
  仲良しのアヒルとカモをパチリ。 ☆
Nakayoshi01

☆ こんな会話かな? ☆
Nakayoshi02

☆ 帰りに撮った桜です ☆
Sakura01

Sakura02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「我が家にWiiがやってきた」(1)

「我が家にWiiがやってきた」(1)


瑞希とご飯を食べに行ったときのこと。
ふとしたことから、冷蔵庫を買い替えたという話になった。
「この間、テレビを買い替えたとこでしょ?今度は冷蔵庫なの?」
私がそう言うと、瑞希は肩をすくめた。
「一気に寿命がきたみたいなのよ」

「突然バーン!」とブラックアウトしたテレビに引き続き、今度は冷蔵庫がブーンと異音を出し始めた。
「寿命だ」と電器店の店員に言われ、買い替えを決意したという。
パスタを口にほうばりながら、瑞希がぼやく。
「新しい冷蔵庫ね、冷凍室が一番下にあるのよ。いままでは野菜庫だったのね。だから、野菜を取ろうと思うと、ついクセで開けちゃうの。最初は慣れなくて、『どこ?ここか?』って、食事の支度のたび、母と2人で全部の扉をバンバン開け閉めしたわよ~」
冷蔵庫の前で悪戦苦闘している母娘の様子が目に浮かび、苦笑した。
すると、「いまは、もう慣れたわよ!」と、瑞希は念を押した。

「それより、もっと手ごわいものがやってきたの」
「手ごわいもの」と聞けば、自然と興味がそそる。
「なに?」
「Wiiよ」
私は聞きなおした。
しかし、答えは同じ。
「Wii」である。
なんでも、瑞希の父の古希のお祝いにと、弟の俊一が贈ってくれたのだ。
「そうなのよ。ついに我が家にWiiがやってきたのよ」
瑞希は目を輝かしながら、話を続けた。

とある日曜日。
俊一がプレゼントをかかえて、マンションを訪れた。
箱には、「Wii」と記してある。
両親にしてみれば、「コマーシャルでやってるもの」くらいの認識しかない。
贈られた父は、「なぜWiiなんだ」と訝しく遠目で見るだけ。
嬉々としてプレゼントを開けるのは、母。
そして、「これはなに?」と、しげしげ眺める。
弟の俊一が答える。
「それは『Wii Sports』。ソフトだよ。テニス、野球、ゴルフ、ボーリング、ボクシングができるもの」
「ええっ、そんなに出来ちゃうの?まあ、すごい」

次に開けたのは、「Wii Fit」。
今度は、母が聞く前に、俊一は説明した。
「テレビのCMでやってるでしょ。ヨガのポーズとか」
「あっ、のっかる台ねっ!」
のっかる台って、まあそうだけど。
とにかく母は無邪気である。

セッティングは、当然、俊一の担当。
彼の自宅にもあるので、手慣れたものだ。
その割に時間がかかるのは、彼が案外几帳面なせいで、配線がすっきりしないと気にくわないのだ。
追いうちをかけるように、横から母がつぶやく。
「線をぬいちゃったら、どこにさせばいいかわからなくなるから、わかるようにしといてね」
「あとで、印でもつけておくよ」

それにしても、マメな弟である。
瑞希は、彼の背中を遠目で見ながら、感心した。

さて、夕食のあと、はじめての「Wii」体験。
「何にする?」と、母が父に聞いた。
これは、父への贈り物だから。

「何でもいい」
父はあまり関心がなさそうである。
「じゃあ、ゴルフにしましょうか。俊一、ゴルフよ」
「はい、はい」
母に言われて、俊一はゴルフを選択した。

                        (つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »