« ゴルフスクールでのひとこま(22) | トップページ | 夏休みゴルフ 「ゴルフの後は点滴」 »

「雨の日の思い出」

コネタマ参加中: 線香花火のような、はかなく切ない思い出募集

下校の時間になって、急な雨。

「雨やー。ショック!天気予報、雨や、言うとったんか?」
「天気予報、見とうんか?」
「言うてみただけや。カサ持ってきてへんねん」
「オレもや。家まで競争やなっ」

そんな同級生の会話を聞きながら、ワタシは友人と家路へ。
「朝、お母さんにカサ持っていき、言われてん。持ってきてよかった」
「ほんまやねー」
「天気予報、見てる?」
「うーん・・・。あんまり見てへん」
「ワタシも。遠足の時は見るけど」
「おんなじ」

途中で「じゃあ、また明日ね。バイバイ」と、いつもの場所で友人とわかれ、自宅へ向かった。

お母さん、いるかなー。お買い物行ってるかなー。
小学生の頃、まだ家のカギを持たされていなかったため、母が不在の時は、祖母の家へ向かうようにしていた。
門の扉は閉まっていた。
やっぱり、母はいない。
どうしようかな、お祖母ちゃんのところへ行こうかな。
しばらく、家の前で待っていようかな。

そんなことを考えていると、見慣れた顔が見えた。
ひとつ年上のR君。

家も近所で、同じピアノ教室に通っていた。
母親同士が呼ぶせいだろうか。
彼も、最初からワタシのことを名前で呼び、えらくなれなれしかった。
ピアノ教室でおしゃべりしたり、たまに休み時間、運動場で遊ぶこともあった。
が、ひとつでも学年が違う男子と遊んでいると、
「6年生と遊んでたやろー」
などと同級生にからかわれ、そう言われるのが鬱陶しくもあった。

ある日、ちょっとした言い合いになった。
たわいもないことで、ケンカでもない。
ちょうどベルが鳴ったから、「じゃあね」と急いで教室に戻ろうとすると、背後からものすごいチカラで引っ張られた。
「授業が始まるよー」と言ったとき、初めて状況に気づいた。

R君に抱きしめられている。
な、なんで!?
アタマが真っ白になった。
同時に、通り過ぎていく生徒の目が気になり・・・。

そう、ここは小学校。
そして、その運動場の真ん中。
全校生徒の見守るなかで、男子生徒に抱きしめられている。
ワタシは5年生で、彼は6年生。
まだラブシーンを演じるには、コドモだ。

「やめて」という声すら出ず、長い時間に感じた。
しばらくして、R君のチカラが抜けたので、彼の腕をふりほどき、急いで走り出した。

教室に帰ると、ヤンヤの騒ぎ。
「わーっ!抱きしめられてやんの、コイツ!」
盛んに茶化す同級生の男子。

「うるさいっ!!!」
怒鳴ると、しーんとした。
コソコソ話をしている様子だったが、それを相手にする気にもなれなかった。

恥かしかったし、腹も立っていたし、なんであんなことをしたのかわからなかったし、
それに・・・それに・・・。

以来、R君とは顔を合わさないようにした。
姿が見えると、物陰に隠れ、ピアノ教室の時間もずらした。

だけど、今日は家の前。
扉は閉まっているし、向こうも気づいているし、今更隠れるところもない。
見ると、R君はカサを持っていないので、ずぶ濡れ。

一歩一歩近づいてくる。
どうしよう・・・、どうしよう・・・。
ワタシはカサを握りしめたまま、R君の顔を見つめた。
彼もワタシを見たまま、通り過ぎていった。

「カサ、どうぞ」

そのひと言がどうして言えなかったのだろう。
あんなことがあったとはいえ、ずぶ濡れの幼馴染。
逆の立場なら、カサをすっと貸すのは道理だ。

なのに、その言葉が出てこなかった。
しばらく、彼の背中を見送ったが、ワタシを振り返ることもなく、やがて曲がり角で姿は消えた。

R君は、先に小学校を卒業し、公立中学へ進んだ。
1年後、ワタシは私立中学へ進学したため、会うこともなくなった。
ピアノ教室も、時期のずれはあるが、二人とも辞めてしまった。

高校は進学校へ、大学は東北へ進学したと聞いた。
何年かして、結婚したとも、子供が産まれたとも聞いた。
本人からではない。
母から聞いたり、彼のお母さんから聞いたり。

彼のお母さんには今でも時々、道で会う。

しかし、彼に会ったことはない。
あの日、あの雨の日以来、一度も・・・。

|

« ゴルフスクールでのひとこま(22) | トップページ | 夏休みゴルフ 「ゴルフの後は点滴」 »

小説・エッセイ」カテゴリの記事

コメント

はじめましてwink劇団天天日歩です。
演劇の一部のシーンに使わせて頂きたい、素敵な「雨の日」の物語ですね。
子供の頃なんだけど、何時までも忘れられない、はかない良い想い出。私も、小学校4年生の時、休み時間の終わりのチャイムが鳴って、突然、ある女の子にホッペにキスされて、一人運動場で佇んでしまった・・・・・ことを思い出しました。
その子も、もう子供は大学生です。
素敵な想い出ありがとう!私も思い出しました。

投稿: 劇団天天日歩 | 2009年7月26日 (日) 22時56分

劇団天天日歩さん、コメント有難うございますhappy01

書いてるうちに、ちょっぴり涙ぐんでしまいました。。。

投稿: yoriko | 2009年7月27日 (月) 21時46分

★ こんばんわ
突然いろっぽい話になりましたね。
やりますね。
いい話ですね。

抱きしめれば良かった。
せつなくなりますね。

投稿: やまけん(肩の力を抜いて) | 2009年7月28日 (火) 22時51分

こんばんはhappy01

彼には会ってみたいけど、
思い出にとじこめておきたい・・・
そんな感じデス。

最近、コネタマ(ブログネタ)に参加してます。
良ければ、☆この記事を評価する☆ボタンを
クリックしてくださいね。。。note

投稿: yoriko | 2009年7月28日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/45746680

この記事へのトラックバック一覧です: 「雨の日の思い出」:

« ゴルフスクールでのひとこま(22) | トップページ | 夏休みゴルフ 「ゴルフの後は点滴」 »