« 身ひとつが精一杯かも・・・ | トップページ | 夏休みゴルフ 「ミラクルショット」 »

「硫黄島からの手紙」

重い作品でしたね。

クリント・イーストウッド監督のアメリカ映画。
日本側の視点から描いたと言っても、
変な日本語が使われていたり、
日本人っぽくない人が出演していたりしますが、
その点は、ほぼ大丈夫でした。
国旗を掲げていない家のシーンは、家の造りや
俳優さんに、少し違和感あったかな。

二宮和也演じる「西郷」がタンカにのせられ、
ふと目を開けて、夕日を見るシーン。
彼が埋めた手紙が見つかったシーンと合わせて
ほっとさせられました。

こんな悲劇、絶対繰り返してはいけないです。
絶対に・・・。

|

« 身ひとつが精一杯かも・・・ | トップページ | 夏休みゴルフ 「ミラクルショット」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/45938536

この記事へのトラックバック一覧です: 「硫黄島からの手紙」:

« 身ひとつが精一杯かも・・・ | トップページ | 夏休みゴルフ 「ミラクルショット」 »