« 「グリーンに恋して」(1) | トップページ | カラスの仕業? »

「グリーンに恋して」(2)

「おはようございます。専務」
綾音はキャップを脱ぎ、会社と同じように挨拶した。

「高田のおじちゃま」
子供の頃、そう呼んでいた。

初めて会ったのは、日曜日の午後。
ピアノ教室から帰ると、
「お客様が来られているから、お行儀よくなさい」
と母に言われた。

応接間をのぞくと、父と高田がビールを飲んでいた。
綾音に気づいた父が
「おや、綾ちゃん」
と、手招きした。

そろりそろりと部屋に入り、父の傍らに行き、
「こんにちは」
と、小さな声で挨拶をした。

すると、高田はすっくと立ち上がり、ビックリするような大きな声で
「こんにちは!高田です!いつもお父さんにお世話になっています!」
そう言って、深々と頭を下げた。

綾音は、声も出ないくらい驚き、どうしたらよいのかわからず、ただ父の顔を見た。

「高田くん。そんな大きな声を出すから、綾ちゃんがビックリしてるじゃないか」
「これは失礼しました!」
「もう少し、音量を下げられないかね?」
「ははっ。声が大きいのは赤ん坊の頃からで。ははっ」

笑い声も大きい。
背も見上げるほど高く、手も足も大きく、綾音には大男のように見えた。

「今日はピアノかい?」
父が綾音に聞いた。
「うん・・・」
「今は何を習っているんだ?」
「バイエル」
「そうか。じゃ、ちょっと弾いてみて。高田くんにも聞いてもらおう」

高田は、ニコニコとうなづき、
「弾いてみてください!」と、また大声。

恥かしい。
多分、顔は真っ赤になっているはず。
でも、パパが「弾いてみて」と言ってるし・・・。

綾音は、ピアノの前に座り、鍵盤に両手を置いた。

                        (つづく)

|

« 「グリーンに恋して」(1) | トップページ | カラスの仕業? »

小説・エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/47357018

この記事へのトラックバック一覧です: 「グリーンに恋して」(2):

« 「グリーンに恋して」(1) | トップページ | カラスの仕業? »