« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

病院めぐり(その3)

歯科のあとは、すぐ近くの眼科へ。
コンタクトがくもってきたので、取替えに。
せっかくメルスプランに入ってるので、利用しとかなきゃね。

ついでに、眼も診てもらう。
ここの院長は、話し方が実にユニーク。

「はい、まっすぐねー。左のほうねー。上ねー。下ねー。右のほうねー」
と、末尾をのばすのだ。

そして、しめの言葉は、
「それじゃねー、(目薬を)さしといてくださいねーーー」。

この先生のモノマネならできるが、
通院した人でないと、わからないんだなぁ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

病院めぐり(その2)

漢方クリニックを出たあと、銀行寄って、
大丸でニーハイとパンスト買って、
マツキヨでビタミンレモンキャンディ買って、
つづいて、歯科へ。

3回目の治療は、左下の奥歯。
今回も1回で終わりました。
やっぱり、早いなぁ、この先生。
腕が良いのかなぁ?

前に通ってたところなら、型とって、仮に入れて、調整して、本チャン。
たぶん、3、4回はかかってた。

病院を変えて、正解だったかも。

それともうひとつ、今日気づいたコト。
この歯医者さん、一動作ごとに「ヨシ!」。

歯の治療中は目をとじてるので、いわゆる耳ダンボ状態。
キューン・・・ガリガリ、ガリガリの機械音がやむたび、
「ヨシ!」
また、キューン・・・ジリジリ、ジリジリの機械音。
「ヨシ!」

途中、笑いそうになった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病院めぐり(その1)

今日は休暇をとり、漢方クリニック(*)へ
検査結果を聞きに行った。
(*ワタシが勝手につけた名前なので、正式名称ではない)

小心者であるがゆえ、検査ギライ。
できるだけ検査を避けているが、
漢方クリニックの先生は押しが強いというか、口がうまいというか、
なんとなく受けといたほうが良いかなぁ、という気にさせる。
それで、受けるのだが、今度は結果が気になる。
「問題ありません!」と聞くまで、ハラハラドキドキ。

「シナモンが苦手って言われてましたが、五苓散は問題なく飲めますか?」
「オブラートでつつむから、問題ないですよ」
「調子は?」
「いい感じですよ」
「そうですか!良かった!やっぱり水毒に効き目ありですね」
「ええ・・・。だけど、水毒って言葉がどうもねぇ・・・」

整骨院の先生にも話したのだが、「水毒」という響きがよろしくない。
「なにかと勘違いしそうでしょ。○毒って」
「そりゃまたブラックな・・・」
と、整骨院の先生がニヤリ。
「漢方医学では、『気』『血』『水』で診るので、血液以外の体液が滞っているわけで、
『水滞』とも言うんですよ」
「『水滞』って、またまた響きが悪いですね。衰退していくみたい」

この話をすると、漢方クリニックの先生は目を輝かせて、
漢方医学とはなんぞやを力説しはじめた。

この先生、
患者の質問に対する答ではなく、自説を長々と語るタイプ。

話が長いと、どうも簡潔にまとめたくなるので、
「日本の気候は、水毒が起こりやすいので、
梅雨明けまで、もしくは台風の季節が過ぎるまで
飲み続けるってことですね?」

「そうです! いやぁ、効き目があって良かった!うれしいな~!
じゃあまた、半年後くらいに検査に来てね~!」

半年後の検査は気が向けば・・・ってことで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめてのゴルフ宅急便

今週末は、社員旅行。

あまりよく日程表を見てないので、
「どこへ行くのか?」
と聞かれても、はてどこだったっけ?

面倒なので、
「富士山めでながらの初ゴルフです」
とだけ答えている。

これまで地元以外でのゴルフといえば・・・

ハワイ(ハワイ島)でゴルフ。
このときは現地でクラブを借りた。
レンタル費用が必要だと言われ、
「そんなことは聞いてない。旅費のなかに含まれてるはずだ。調べてくれ」
と英語で切り返し、費用ナシでラウンドした。
ただし、溶岩だらけのコースで、いい思い出がない。

数年後、ハワイ(マウイ)でゴルフをしたときもクラブを借りた。
コースのなかに民家がいりくんでいるところで、ひやひやものだった。

国内で一番遠出をしたのは岡山。
車に乗せてもらったので、マイクラブ持参。

2年前、九州でゴルフの予定があったが、中止になったので、
今回、はじめてゴルフ宅急便の利用である。

元来、ワタシは面倒ぐさがり屋である。
それでいて、心配性。
先週、「あ!クラブを送るのを忘れていた!」と夢を見てしまい、
にわかに焦り出した。
ざっくりヤマト運輸のHPで調べたあと、近所の取扱い代理店へ、
送り状をもらいに行き、簡易バッグの手配も頼んでおいた。

次は、ゴルフバッグの中身。
この際、要らないものをかたづけてしまおう。

ああ、出てくる、出てくる。
ボール。こんなに要らんやろーと言うほど。
でも足りないと不安なので、一応入れておく。

ファーのマフラー、耳あて、手袋、パーカー。
冬用は要らないわね。

ここで困った。
ゴルフシューズ。
ふつうは、シューズバッグに入れて持ち歩いているのだが、
キャディバッグにつめこんでおくか、手持ちのキャリーに入れるか迷った。
いったんは、キャディバッグに入れようと思い、
シューズを入れると、レインウェアが入らない。
入れる場所を変えてみる。
1時間くらい、あーだこーだと、すったもんだし、やっとおさまった。

が、今日になって、シューズはやっぱり手持ちのキャリーに入れることにした。
チェックイン/アウト時、「シューズはキャディバッグの中」
と、いちいち言うのもねー。

あとは・・・
お天気が心配。
いまのところ、「くもり」。
富士山、見えるかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気温差にまいる

気温差のはげしいことったら・・・
ほんとにまいります。sad

急激に暑くなったり、冷えこんだり、
カラダが順応できませんね。

例の漢方薬「五苓散」。
なんとな~くだけど、効いてるような気がします。

以前は、お昼飲まなかったのですが、
(カイシャで、オブラートに包んで飲むのが面倒くさくって)
最近、心をいれかえて、
ちゃんと、3回/日 飲むようにしてるせいかなぁ~。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歯科さがし

小学生の頃から通っていた歯医者さんが廃業して以来、
どこか良い歯科はないものかとさがしていた。

つめものが取れたので、カイシャの近くにある歯科へ行ってみた。
感じは悪くなかったのだが、治療後、突然気分が悪くなり、
全てもどしてしまった。
何が悪かったのかわからないが、もう行こうとは思わない。

次に歯の痛みを感じたとき、母が通っていた歯科へ行ってみた。
母も近所の人にすすめられたところで、
「まあまあよ」との感想。

確かに、丁寧に治療してくれた。
が・・・、どうも合わない。
何が合わないかというと、治療のペース。
丁寧であるがゆえ、何度も何度も通わなければならない。

あげくの果て、治療したところが膿んで、高熱を出す始末。
丁寧と腕とは違う。

そろそろ歯医者へ行かないとなーと思ってる矢先、
前歯に違和感。
虫歯!

もうこれは行かなアカンとネットでさがしていたら、
眼科の近くに歯科があったことを思い出した。

近年、ホテル並みの豪華さなどない、
いわゆるフツーの歯医者さん。
電話すると、1時に来てくださいとのこと。

入ってみると、子供の頃に通っていた歯科と感じが似ていた。
問診表も、一応PCで作ってるけど、なんとなくひと世代前の感じ。
治療席は2つで、モニター付。
レントゲンの機械も、くるっとまわるタイプで、割と新しい。

先生は、思っていたより若め。
(病院の雰囲気から、おじいちゃんと思ってた。coldsweats01

「歯医者に来るのは、何年ぶりですか?」
「2,3年ぶりですね。
 どこか良いところないかなーとさがしてるうちに。
 前行ってたところは、あわなくて。
 ここは眼科へ来るとき、前を通ってたので、
 フツーぽさが良いかなぁと思って」
「最近の歯科もホテルなみの豪華さですもんね」

診てもらうと、前歯以外にも、奥歯に虫歯あり。
ただし奥歯のほうは緊急性はないので、
今日は前歯の虫歯を治療してもらうことに。
それが・・・、あっという間に終了。
ほんと早かった。

次は歯垢をとってから、ということで予約。
お値段はちょっと高いかな?と思ったけど、
一箇所の治療に、何回も通うことを思えばOK。

しばらく静観かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

漢方医学 「水毒」

今日は、病院めぐりで休暇をとりました。
土曜日だと混んでるから、
複数の病院をまわるのはムリなので。

1軒目の病院では漢方を処方してもらってます。
お薬だけもらって帰るつもりだったのですが、
「お薬のメーカが変わるので、先生と相談してもらえますか?
 今日は診察もすいてますし・・・」
と、受付スタッフの女性。
それなら、と診察も受けることに。

「肩と首こりがひどくて、頭痛もするので、もっと効く漢方ないですか?」
「舌を診せてもらえますか?」
「舌?ですか?」
「ああ、水毒ですねぇ」
「スイドク!?」

【水毒】
人体に水分がたまり排出されないことによって起こるとされる諸々の症状のことを、漢方医学では「水毒」という。
冷え、めまい、頭痛、アトピー、鼻炎、喘息、疲労感、頭重感、むくみなど。

「要は、水はけが悪いってことですね?」

ということで、五苓散が出ました。

効くのかなぁ、効くといいなぁ~。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合同月例 ワンポイントレッスン♪

GW最終日は、神有の合同月例golfデス。
お天気sun・・・のはずが、箕谷あたりから雨rainがパラパラ。

「えーっ、また雨~sign02 bearing
ゴルフ場に着くと、しとしと雨は降ってくるし、それに寒いっsign01
あまりの寒さに、カッパを着ることに。
それでも寒いっsign01

準備運動もほどほどに、OUTティグランドへ。
最近、アプローチでシャンクすることが多いので、
アプローチの練習でもしようかなぁ~と打っていたら、
メンバーのTさんが
「手打ちはアカン。こう持って、左足体重で、左へくるっと回転する。
 クラブはこねない。右肩さげない」
と、丁寧にご教示くださいました。

ああ、そうか!
いつの間にか、クラブを短く持ち、無理やり右手でこねていた。
さらに悪化したのは、ヘッドアップを気にするがゆえ、
右足に体重が残ったまま、手ですくいにいってた。

「左へくるっ、くるっ・・・」
  note クルッ、クルッ・・・クレラップ note
  note クルクルクルクル、クレラップ note
何度も「くるっ」とつぶやいていたら、
アタマの中で、クレラップのCMが流れてきましたわ。coldsweats01

Tさんのワンポイントレッスンのおかげで、ボギースタート。
そのあとは、ダボ、ボギー、ダボ。

迎えた鬼門7番。
2打目は、池の手前へきざもうと打ったところ、微妙な感じ。
見に行くと、ボールは見当たらない。
どうやら転がって入ったもよう。sad

「そんなに距離は変わらないから、
 ラフより、フェアウェイから打ったほうが良いですよ」
これはゴルフの師匠 Yさんの弁。

そうそう、フェアウェイのほうが打ちやすいですね。 
「左へくるっ」で打った4打目。
越えた!
・・・と思ったら、キック悪く、池ぽちゃ。sweat01
ただし、いったん池を越えているので、この場合は池の前から、6打目。
よりきらず、タコパー。(8点)
ああ、やっぱり鬼門だわー。sad

次のショートはボギー。
あとは9番ロング。
ここでいつも大たたきして、
「本日のゴルフは終了しました」気分になっちゃう。
気合をいれて打ったティショットは、まあまあ。
2打目。
気合を入れすぎて、なんと空振り!
ああ、なんてこったい!
結局、9点。
トータル、ダボペースでした。

お昼はバイキングnote
Lunch_1205061

コーヒーもつくようになりましたよ。happy01
Lunch_1205062

午後スタートまでの時間が長いので、
今日はランチのあと、プロショップへ寄ってみました。
マンシングウェアが半額になっていたので、
半袖のポロシャツと短パンを試着。

試着室から、じゃーんと出てきて、
「どう? 似合います?」
と、にわかファッションショー。
「似合う、似合う」
「なんか、ごっついゴルフうまい人に見えるで」
すっかり気を良くして、買ってしまいました。happy01

さて、午後からお天気も良くなり、INスタート。
いきなり3パット。
午後から何が悪かったかというと、3パットを4回もしてるコト。
これが無ければ・・・。

そうそう。
「左にくるっ」のおかげで、シャンクは無くなりました。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

六国東リベンジは返り討ち

前日、テレビの天気予報を見ながら、
「明日は雨やでー。せっかくのゴルフやのになー」
と、つぶやく父。
心なしか、表情はニヤニヤ。

翌朝起きると、やっぱり雨。rain

ガッカリしながら、向かったのは、六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース。
2月の寒い日にラウンドして、
「暖かくなったら、リベンジしましょう!」
と、早くから決めていたのデス。
期待が大きかっただけに、この雨はショックsign03

いやいや、雨のゴルフもまた楽しい・・・かも。
カッパ(レインウェア)を着こみ、いざスタートsign01

東コースはキャディ付なので、雨の日は楽ですね。
しかも、この日はキャディ研修生も同行。
聞くと、18歳ですって。
緊張度が伝わってきます。coldsweats01

INスタートホール。
ティショット、2打目までは良かったのですが・・・
アイアンが・・・シャンクするか、ダフるか。
バンカーに入ると、なかなか出ないし・・・。

ダメだ、こりゃ~~~。sad

やっぱりお天気って影響しますね。
雨のみならず、強風はこたえます。

お昼食べて、午後から仕切りなおしっsign03

手作りパスタセット。
確か、4月に西コースをまわったときも、同じのを食べましたね。happy01
Lunch_1205021

Lunch_1205022 

乾燥機からカッパ、帽子、手袋を取り出し、OUT 1番Hへ。
バンカーを避けて、グリーン手前まで運べば、あわよくばボギー。
・・・と思ったけど、アプローチでまたまたシャンク。
そして、バンカー。

ああ、どうしてこうなる?
ゴルフはコースマネジメントができないとダメ。
だけど、そのとおり打てない自分に腹が立つ。

なぜ打てないのか?
 ↓
フォームにばらつきがある。
 ↓
なぜ?
 ↓
フォームがわかっていない。/練習していない。

・・・つい「なぜなぜ」やってしまいました。coldsweats01
答えはわかってるんですけどねぇ。

さらに追いうちをかけるように、
雨風いっこうにやまず、
ダークな気分のままホールアウト・・・。

キャディさんに、一日の御礼を言ったあと、
「六国東リベンジでのぞんだのですが、見事な返り討ちにあいました」
とつけ加えると、
「返り討ちなんて・・・! 今日は雨だったし。
 また、お天気の良い日に、ぜひ再リベンジにお越しくださいね!」
と笑顔で応えてくれました。


うーむ・・・。
六国東は、今のワタシにはハードルが高すぎるのかもしれません。
やっぱり、練習しないとね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »