« はじめてのゴルフ宅急便 | トップページ | 病院めぐり(その2) »

病院めぐり(その1)

今日は休暇をとり、漢方クリニック(*)へ
検査結果を聞きに行った。
(*ワタシが勝手につけた名前なので、正式名称ではない)

小心者であるがゆえ、検査ギライ。
できるだけ検査を避けているが、
漢方クリニックの先生は押しが強いというか、口がうまいというか、
なんとなく受けといたほうが良いかなぁ、という気にさせる。
それで、受けるのだが、今度は結果が気になる。
「問題ありません!」と聞くまで、ハラハラドキドキ。

「シナモンが苦手って言われてましたが、五苓散は問題なく飲めますか?」
「オブラートでつつむから、問題ないですよ」
「調子は?」
「いい感じですよ」
「そうですか!良かった!やっぱり水毒に効き目ありですね」
「ええ・・・。だけど、水毒って言葉がどうもねぇ・・・」

整骨院の先生にも話したのだが、「水毒」という響きがよろしくない。
「なにかと勘違いしそうでしょ。○毒って」
「そりゃまたブラックな・・・」
と、整骨院の先生がニヤリ。
「漢方医学では、『気』『血』『水』で診るので、血液以外の体液が滞っているわけで、
『水滞』とも言うんですよ」
「『水滞』って、またまた響きが悪いですね。衰退していくみたい」

この話をすると、漢方クリニックの先生は目を輝かせて、
漢方医学とはなんぞやを力説しはじめた。

この先生、
患者の質問に対する答ではなく、自説を長々と語るタイプ。

話が長いと、どうも簡潔にまとめたくなるので、
「日本の気候は、水毒が起こりやすいので、
梅雨明けまで、もしくは台風の季節が過ぎるまで
飲み続けるってことですね?」

「そうです! いやぁ、効き目があって良かった!うれしいな~!
じゃあまた、半年後くらいに検査に来てね~!」

半年後の検査は気が向けば・・・ってことで。。。

|

« はじめてのゴルフ宅急便 | トップページ | 病院めぐり(その2) »

箸やすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/54829672

この記事へのトラックバック一覧です: 病院めぐり(その1):

« はじめてのゴルフ宅急便 | トップページ | 病院めぐり(その2) »