« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

母のこと(5)

母が退院してからの一週間。
仕事も忙しく、心身ともに、きつかった。

以前なら、帰宅してから小一時間、
母との会話で気もまぎれるところだが、
今は帰宅してから、寝るまでの間、ずーっと動くのみ。

お風呂に入り、髪を乾かしたら・・・
ぐったり、ベッドにバタンキュー。

今日は歯医者と整骨院のあと、
母に頼まれた買い物をすませると、雨rain

荷物は重いわ、雨に降られるわ、
お昼ごはんがまだだったので、お腹はすくわ。

玄関で座りこむ私に、母がひとこと。
「重いんなら、送れば良かったのに~」

「『荷物が重くなるけど、お願いね』って言ったのは誰?
すぐ要ると思うから、持って帰ってきたんでしょ!
退院してから、ワガママばっかり!」

怒っちゃいけないと、ガマンしてたのに、
ついに言ってしまった。

このあと、「また入院する!」と言い出した母をなだめ、
結局、疲れも倍増。

この先も大変なのかなぁ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

汐の風

プロジェクトの懇親会で、
JR神戸駅の近くにある「汐の風」へ。

はじめて行くお店なので、どんなかなぁ?
しまった、カメラを忘れたwobbly
仕方ないので、ケータイで撮ったら、すべてピンぼけ。
なので、小さめの写真で。

湯葉の上に雲丹。これ、めっちゃ美味しかったsign01
真ん中は蓮根まんじゅう。ちょっと匂いが今いち。
右は大トロ。。。
1206291 1206292 1206293

蒸し穴子、天プラ盛り合わせ、出し巻きは、いずれもGoodgood
1206294 1206295 1206296

左は焼きおにぎりのお茶漬け。
ワタシが食べたのは、右の焼きおにぎり。
焼きおにぎりを食べるのも、久々。
1206297 1206298

お料理は、全体的にGoodgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平野にできた平清盛像

神戸市兵庫区平野町にできた平清盛像sign03
平野市場、活性化となるかsign02

Hirano

| | コメント (1) | トラックバック (0)

晴天ゴルフ (三木ゴルフ)

梅雨の時期、晴天にめぐまれた先週の土曜日。sun

母が入院しているので、少々心苦しく思いつつ、ゴルフへ。
コースは三木ゴルフ。
数年前に一度ラウンドしたことがあるけど、まったくコースの記憶ナシ。

対抗戦なので、がんばらなくっちゃ!
・・・もったのは、3ホールのみ。
あとはくずれていき、気力体力とももたず。
やっぱり、この週は心身ともにきつかった。sad

ここはどのホールだったか・・・
1206231

やっぱり何ホールか撮っておかないと、わからないなー。
1206232

ランチは、ミートソーススパゲッティセット。
1206233

チーム戦は、他メンバーのおかげで勝利sign03
でも、ワタシはBB。
ああ、悔やまれるスコア。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

母のこと(4)

前回のブログから、10日。
この10日間は、めまぐるしい日々だった。

金曜日、ぐったりしている母を見て、急遽会社を休むことに。
父と協力して、フラフラの母を抱え、かかりつけ医へ。

「今度の心不全のほうが軽いけど、体力落ちてるから、入院させたほうがいい」
と言われ、K病院へ。

検査の結果、入院をすすめられる。
「絶対、入院したくない」とゴネる母。
「こんな状態で家に帰っても何もよくならないから、一週間だけ入院しよう」
となだめると、
「個室でないとイヤだ」と、母。

差額ベッド料金を見ると、13,650円/日~21,000円/日。
「リーズナブルな料金の個室でお願いします」

入院当初は興奮状態で、父が2日泊り込んだ。
ワタシは毎日、仕事の帰りに病院通い。
「帰りたい」、「泊まって、会社へ行けばいい」という母をなだめて、帰る日々。
帰宅すると、ご飯を作る元気もなく、適当にすます。
こっちが倒れそう。

母は検査結果も良好で、日に日に元気になり、晴れて今日退院。
万全を期して、介護タクシーで帰る。

家に着くと、嬉しそうな母。
理由は、好きなものを食べれるから。

さっそく、紅茶が飲みたい。
サンドイッチが食べたい。
時間をあけて、クリームパン。
夕食は、お寿司と、とんかつ武蔵の海老椎茸を少し。
それにしても、よく食べること。

ただ・・・、入院中、何でも看護師さんにやってもらっていたため、トイレは大変だ。
簡易トイレを準備しているのに、使わない。
朝から働きづくめで、グッタリの私が、「簡易トイレを使ってよ」と言うと、
「また入院しようかしら」と、母。
あれほど入院を嫌がっていたのに、このセリフ。

あげく、「眠れない、眠れない」と、ぐずる。
処方された眠剤を飲ませ、そばにいると、やっと寝てくれた。
やれやれ。

父に再入院させるかを相談すると、
「2~3日したら、また気が変わるかもしれんから、様子を見よう」と、父。
「そうよね。動けるようになったら、気が変わるかもね。だけど、また個室って言われたら、どうしよう」
「そうやなぁ。お金が無いと、病気にもなれんなぁ。まあ、なんとかなるやろ」

確かに。
この先のことを心配しても、仕方ない。
何はともあれ、元気になってくれたのだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母のこと(3)

今朝は、テレビがつく前に目がさめた。
母の様子が気になり、すぐ1Fへ降りた。
具合は悪そうだが、生きていた。
良かった。

朝食を作り、薬の用意をして、
「会社へ行くけど、大丈夫?」と聞いた。
「お母さんは大丈夫。行ってらっしゃい」
いつものセリフがかえってきた。

私は行っても良いのだろうか?
大丈夫だろうか?

不安をかかえながら、出勤した。
バスの中で、また母のことが心配で、涙がとまらなかった。

出勤してから、一度電話をして、父に様子を聞いた。
「下着を買いに行きたいというから、ついていく。
 大丈夫だ」
父の「大丈夫だ」は、あまり信頼できない。
が、今は信じるしかない。

仕事が終わり、急いで帰った。
バスを降り、家の前の通りまで来ると、膝の痛みもどこへやら。
走っていた。
玄関のカギは・・・かかっていない。
良かった。

家に入り、父が台所にいた。
「お母さんは?」と聞くと、
「あっちの部屋にいる」と言う。

小さくなって、母が寝転んでいる。
「具合、どう?」
「良くない」
「痛い?」
「背中が痛い。
 痛いけど、お父さんは手が痛いと言って、さすってくれない。
 意地悪と文句ばかり言って、何もしてくれない」

今日の父は、ずいぶん頑張ってくれたと聞いている。
背中をさすりながら、
「そんなことないよ。昨日改心したらしいよ」と言うと、
「一緒にいないから、わからないだけ。
 ブツブツ、ブツブツ、うるさい」

涙がこぼれてきた。
これだけ文句が言えるなら、まだ大丈夫だろう。
いや、大丈夫。
そう信じたい。

しばらくさすったあと、食事の用意をした。
父は、おかずを買う時間がなかったと言うので、
冷蔵庫のありあわせだが。

「食欲がない」と言っていた母には、ご飯にふりかけをまぜ、
一口サイズの海苔巻きを作った。
卵焼きと、もやしが美味しいと、全部食べてくれた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母のこと(2)

父と協力して、母を部屋にあげた。
まだ食事を摂っていないというので、急いで仕度した。
けれど、母はあまり食欲がないようだった。

弱っている。
こんなにも弱っていたなんて。

父がいきさつを説明してくれた。
夕方、具合が悪いというので、かかりつけ医へ連れて行くと、
検査を受けたほうが良いとのこと。
それで、K病院へ向かった。

検査の結果、心臓が弱っていること、水分を摂り過ぎていること、
もう高齢だから入院したほうが良いともすすめられた。
しかし、母は頑なに、家へ帰ると言い張った。

「いつ何時何が起こるかわからないから、
 覚悟はしておいたほうが良い。
 それから、ショックを与えてはいけないから、
 イライラしても腹がたっても怒ってはダメ」

頭をガツンと殴られたような衝撃だった。
母の具合が悪くなったのは、私のせいかもしれない。

母が眠るまでは、気が張っていたが、
深夜、部屋にもどり、一人になったとき、号泣した。

どうしよう、もしものことがあったら、どうしよう。
眠っている間に、何かがあったら・・・。

そう思うと、何度も母の様子を見にいき、
寝息を聞くと、安心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母のこと(1)

最近、また母の体調が悪くなった。
少しキツく言った2日後、帰宅すると、玄関が閉まっていた。

カギをあけて入ったとたん、電話がけたたましく鳴り、
「もしもし」と取ると、父の声。
「お母さんの具合が悪くなって、K病院へ来ている。
 検査が終わったから、今からタクシーで帰る。
 悪いが、通りまで出ていてくれ」

さっと血の気がひき、あわてて着替え、表通りに出た。
考えてみたら、病院から自宅前まで、10分はかかる。
そんなに早く出ても、すぐ来るはずもないのに、待たずにはいられなかった。

何台もタクシーを見送り、次か次かと待つうち、
ハザードランプが点滅する1台のタクシー。
父の姿は見えたが、母が見えない。
近くまで行くと、小さくなった母が見えた。

タクシーから降ろしたものの、歩けそうにない。
「おんぶしよう」と、かがんだ。
かがんだ瞬間、痛めた膝と腰がピリッとしたが、そんなことを言っている場合ではない。
火事場の馬鹿力というではないか。

「おぶりましょうか?」
顔を上げると、見知らぬオジサンが、かがんでくれていた。
まさに救いの神だ。
「ありがとうございます!」と、甘えることにした。

玄関までおぶってもらい、もう一度御礼をのべ、
「あの・・・、どちらの?」と聞くと、
「近所のRです」

ご近所さんだったのだ!
まったく知らなかったので、
「失礼しました。ありがとうございます」と、深々と頭をさげ、見送った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社員旅行(おまけ)

帰りの新幹線で食べた鯛飯。

開けてビックリ。
鯛そぼろ風のご飯が一面で、おしんこ(漬物)が2枚のみ。

どんな味なんだろう?
おそるおそる、ひと口。

美味しい~~~sign03
ご飯に味がよくしゅんでて、ほんとにおいしいsign03

静岡駅で売ってます。
570円。
おすすめの一品。
Trip13_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河口湖カントリーでゴルフ♪

社員旅行2日目は、河口湖カントリー倶楽部でゴルフ。
南→西コースをまわると聞いたけど、
果たしてどんなコースかなぁ?

☆南1H
   晴れなら、正面に富士山が見えるとか。
Kwg01_2 

☆南7H
   少し晴れてきたと思ったら、また曇ってきて、ときどき小雨。
   それに寒い~~~。
Kwg02

お昼は、チャーシューメン。
大きなチャーシューが4枚も入ってる!
Kwg04

☆西1H
   とうとう降ってきました。
   レインウェアを着こんで、ちょうど良いくらい。
Kwg06_2

☆途中で撮ったものの、西の何番ホールだったか?
Kwg07

Kwg08

終わる頃には、晴れてきた。
もっと早く晴れてくれれば良いのに~~~。

結局、富士山見れずじまい。
残念!!!
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

社員旅行(その3)

翌日はゴルフなので、同じ部屋の人に
「寝てたら、5時半に起こしてね!」
と頼んでるわりに、12時半まで、UNO。

早く寝なければ・・・と、一斉消灯。

が、しかし!
枕が高すぎて、眠れない。
しばらくガマン。
・・・やっぱり高い。
座布団に変えてみる。
まだマシかな。

次はエアコンの音がうるさい。
しばらくガマン。
・・・やっぱりうるさいので、とめる。

そんなわけで、ようやく眠りにつけたのは2時半頃。
3時間後、ケータイのアラームで目が覚めた!
普段なら、ここから「眠いから、もうちょっと・・・」と
なかなか起きないのだが、今日はエイっと起きた。
ゴルフ組は、出発時間が早いので。

朝食も一番のり。
朝から、豪華~~~。
Trip12

しっかり食べて、1Fへ。
うわっ、寒い・・・。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社員旅行(その2)

宿泊先に着いたあと、少しくつろいで、
18時から宴会。

お料理は、こんな感じ。

☆最初の膳
Trip06

☆温野菜
Trip07 

☆イカスミの蕎麦
Trip08

☆何のしんじょだったかな~? (思い出せない・・・)
Trip09

☆ごはん、お味噌汁、お漬物
Trip10

☆デザート
Trip11
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社員旅行(その1)

社員旅行、今年の行き先は河口湖。
去年は用事ありで不参加だったから、2年ぶりの参加。

なんたって、今回の目玉は
「富士山をめでながら、ゴルフnote」。
だけど、前日見た天気予報は、無情にも「雨」。
はぁ~、ついてないなぁ。。。

気を取りなおしてっと、旅行の行程は・・・
新幹線で、新神戸→名古屋で乗り換え→三島へ。
三島からはバス移動で、忍野八海を散策してから、河口湖のホテルへ。

忍野八海を散策していたら、名物犬?
思わず撮っちゃった。
Trip01

池の中をのぞいてみると・・・
Trip02_2

こんな感じ。
幻想的に見える?
Trip03

Trip05   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »