« 母のこと(1) | トップページ | 母のこと(3) »

母のこと(2)

父と協力して、母を部屋にあげた。
まだ食事を摂っていないというので、急いで仕度した。
けれど、母はあまり食欲がないようだった。

弱っている。
こんなにも弱っていたなんて。

父がいきさつを説明してくれた。
夕方、具合が悪いというので、かかりつけ医へ連れて行くと、
検査を受けたほうが良いとのこと。
それで、K病院へ向かった。

検査の結果、心臓が弱っていること、水分を摂り過ぎていること、
もう高齢だから入院したほうが良いともすすめられた。
しかし、母は頑なに、家へ帰ると言い張った。

「いつ何時何が起こるかわからないから、
 覚悟はしておいたほうが良い。
 それから、ショックを与えてはいけないから、
 イライラしても腹がたっても怒ってはダメ」

頭をガツンと殴られたような衝撃だった。
母の具合が悪くなったのは、私のせいかもしれない。

母が眠るまでは、気が張っていたが、
深夜、部屋にもどり、一人になったとき、号泣した。

どうしよう、もしものことがあったら、どうしよう。
眠っている間に、何かがあったら・・・。

そう思うと、何度も母の様子を見にいき、
寝息を聞くと、安心した。

|

« 母のこと(1) | トップページ | 母のこと(3) »

母と私」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/54961220

この記事へのトラックバック一覧です: 母のこと(2):

« 母のこと(1) | トップページ | 母のこと(3) »