« 母のこと(19) | トップページ | 11月のゴルフ »

母のこと(20)

家事と母の世話に追われる週末。
平日は父にまかせっきりなので、土日くらい解放してあげないと。
以前からの習慣だが、移動スケジュールを立てて出かける。

土曜日。
10時すぎ出発。
父に頼まれた左用イヤホンをヤマダ電機で購入。
10:45 歯医者。
15分くらいで治療が終わるから、11:15には整骨院へ。
そのあと、大丸で昼食と夕食を買って、13時には帰宅。
途中、歩く道々、買い物をする時間を見込んでも、である。

ところが、歯医者でつまづいた。
予約時間前に入ったのに、割り込みがあり、11時から治療。
歯医者を出たのは、11:20すぎ。
整骨院へ着いたのが、11:40頃で、確か出たのは12:30すぎ。
大慌てで大丸で買い物をすませ、帰宅したのは13時半。

こんなに急いだのも、
「早く帰ってきて」という母のひと言と、昼食を待つ両親のため。
ああ、しんど・・・。

昼食をすませると、父は散髪と秋物のカーデガンを買いに出かけた。
母が「お買い物できて良いわねぇ」とつぶやくので、
「お天気も良いし、ヤマザキへ行こうか」と誘った。
もちろん、車椅子で、である。

ところが、この車椅子移動。
とんでもない難行苦行になってしまった!

自宅からヤマザキまで、たいした距離ではない。
が、思ったより坂があるので、とてつもなく力が要った。
第一関門のくだり坂は慣れている。
逆向きで降りれば、たいしたことはない。
しかし、そこから今度は上り坂。
これがこたえた。
ヤマザキへ着く頃には、腕、腰、足にきていた。
帰りは、この逆。
車椅子を押すとき、くだり坂ほど、怖いものはない。
ブレーキをかけながら、押すので、予想以上に力が要る。
帰宅するや、クタクタでダウンしてしまった。

2Fで休んでいると、
「マッサージは、どこへ電話したら良いの?」と、階下から母の声。
「マッサージはやめとこうね。ちょっと、降りるから待ってて」

昨日、マッサージ店へ行ったところ、帰ってから、具合が悪くなったと言っていた。
が、そのことを忘れているのだ。
手でさすりたいところだが、如何せん、さっきの疲れで腕が痛いので、
ハンドマッサージャーをかけてみた。
最初は「気持ち良い」と言っていたが、しばらくすると、「苦しい」。
酸素吸入をして、具合はどうかと聞くと、「苦しい。しんどい」を連呼し、
「お医者さん、来てくれないの?」と言った。
さほど具合が悪そうでもないのに、である。

何かが私のなかで、プチン!と切れた。
「私だって、しんどいわ!」
ぷいっと、2Fへ上がった。
もう動くのもイヤだった。
ちょうど父も帰宅したので、そのままベッドで横たわっていた。

18時すぎ、夕食の支度をしに降りた。
母のワガママは続いていた。
とうとう、私の怒りも頂点に達してしまった。
このあと、いままで蓄積していた不満、怒りを吐き出した。

その夜、私は悪い夢を見た。
あまりの夢見が悪かったので、はっと目が覚めた。
夜中の3時すぎ。
階下へ降りると、母が起きていた。

「お父さんのイビキがうるさくて眠れない・・・」
母に言い過ぎたことをあやまり、
「お母さんをいじめるから、悪い夢を見たんやわ」と反省した。

「お母さんも悪いんやから、気にしてないよ」と母。
砂糖入りの白湯を飲みたいと言うので、飲ませ、ベッドへ連れて行った。
その頃には、もう半分寝ていたようで、横に寝かせると、すーっと寝息をたてて眠った。

翌日、この話をすると、
「覚えてない」と母。

寝ぼけていたか、きれいさっぱり忘れたか。
あらためて、母に言い過ぎたことをあやまった。

|

« 母のこと(19) | トップページ | 11月のゴルフ »

母と私」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/55993649

この記事へのトラックバック一覧です: 母のこと(20):

« 母のこと(19) | トップページ | 11月のゴルフ »