« 忘年会 | トップページ | 誕生日は親孝行と選挙 »

母のこと(22)

12/2(日)神有合同月例へ出かけようとしたとき、
母が「苦しい!」
いろいろ手は尽くしたけれど、いっこうにおさまらず。

「病院へ連れていって」
「今日は日曜日だよ」
「救急車呼んで・・・」

数日前から具合も良くなかった。
心臓の状態も悪くなっているのかもしれない。
慌てて、救急車を呼んだ。

神有へはキャンセルの電話をかけた。
「申し訳ありませんが、当日なので、競技費(キャンセルフィ)がかかります」
そうなのだ。
合同月例の場合、競技費をキャンセルフィで支払わなければならない。
仕方ない。

病院へ運ばれ、検査をした結果、
「2~3日、入院したほうが良いですね」とドクター。
個室があいていたので、ホッ。
入院して、しばらく養生してもらおう。

と思っていたが、甘かった。
医者に診てもらったら、それで満足する母。
翌日の夕方には、退院してしまった。

「旅行はもうこりごり。
部屋もいまいちだし、仲居さんも呼んでもなかなか来てくれない。
さっさと帰ろうと思って、財布を見たら、11,000円しか入ってなくて、
指輪を担保にするしかないかなぁと考えあぐねていたら、
ちょうどお父さんが迎えに来てくれて良かったわ」

入院=京都旅行
病室=ホテルの部屋
看護師=仲居さん

母の頭では、こういう具合になっているのだ。

それにしても、「指輪を担保」には笑ってしまった。
いくらなんでも、それは無理。

|

« 忘年会 | トップページ | 誕生日は親孝行と選挙 »

母と私」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/56329902

この記事へのトラックバック一覧です: 母のこと(22):

« 忘年会 | トップページ | 誕生日は親孝行と選挙 »