« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

母のこと(24)

急性胃腸炎で一家総倒れになって以来、元気がない母。
口数も少なくなり、ちょっと様子がおかしい。

「そろそろ家で看るのが難しくなってきましたね」
そう、訪問看護師やリハビリ担当の方から言われ、
父も自信がなくなってきた。

「毎日、夜中の3時に起こされるのもつらいしなぁ・・・」

先週土曜日、ケアマネージャーに来てもらった。

特養(老人ホーム)は、約300人待ち。
有料となると、入居費から月額まで、すごーくお金がかかる。
リハビリ施設という手もあるが、人手不足で、そうそう看てくれない。(虐待説もありとか。)
それでいくと、一番良いのは、デイサービスの利用。
今は週1回利用しているが、2回にしてはどうか、
というのがケアマネージャーの見解だった。

「施設に入りたくない。3人で暮らしたい」
これが母の望みである。

ワタシだって、ずっと母と暮らしたい。
どんなふうになっても、毎日顔を見ていたい。
便の処理だって、最初はげげっと思ったが、慣れれば平気になる。

買い物のヘルパー利用を追加しようかと思ったが、
買い物手順を考え、いかりスーパーへ車で行ってみた。
今までバスで行っていて、ひどく疲れたのだが、断然楽だった。
これも何とかなるかもしれない。

とはいえ、老父と病弱のワタシ。
まさに体力勝負である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クレーマー転じて役に立つ?

「蝶よ花よ」と過保護に育てられたワタシは、
家事をろくすっぽやってこなかった。
結婚すれば必然的にやらねばならぬのだから、
そのときにやれば良いと思っていた。

コホン!
一応、ひととおりのお稽古事はしている。
料理教室にも通ったし、お茶、お花も習った。

だが、ずっと実家に居座り続けることとなり、
それでも母が元気な頃は、
「今は美味しいお惣菜があるから、それで十分」
なんて軽く言っていた。

ところが!
母の介護をし始めて気づいたのだが、
「毎日の食事って、こんなに大変だったんだ!
ワタシって、なーんも出来ない!!
ああ、主夫をもらいたい!!!」

とはいえ、そうそう主夫がきてくれるワケもない。

もともとコープ宅配は利用しているが、
宅食サービス、食材配達、ほか弁配達、いろいろ利用してみた。
が、デパ地下の美味しい惣菜にはかなわない。
仕事帰りに、毎日買いに行けるワケでもない。
週末に買うのも、賞味期限の限界がある。

考えるうち、だんだん目がさえてきて、時間はすでに朝の4時である。

ふと思いついた。
デパートかスーパーから宅配してもらうってのはどうだ?
ネットで調べてみると・・・、配達エリアが限られていたり・・・、なかなか無い。
とあるネットスーパーが、まあまあマシかなと、会員登録してみることに。
ところが、カード情報登録途中で、エラーが返ってきて、次へ進まなくなった。
注記を見たが、ポイントカードのサーバメンテナンス時間帯に係る内容は
あったが、該当情報の記述は無い。

SSL暗号化されているとはいえ・・・、
・・・スキミングされているとか・・・?
大丈夫か!?
心配になってきた。

連絡先を調べると、メールは回答までに約1週間。
電話は配達店舗へかけろとある。
2時間ほど眠り、受付時間を待って、電話した。

最初に出た担当者へ、事象を説明し、原因は何か?
サーバメンテナンスとの関連性はあるのか?
情報は大丈夫か?等を質問した。
確認してから、折り返し電話がかけると言われ、しばし待つ。

5分後、返ってきた回答が
「もう一度試してみてください。今なら大丈夫だと思います。」
「質問の答になってませんよ。操作の質問をしてないでしょ。
原因と情報漏えいは無いかと聞いたはず!」
と切り返すと、しどろもどろ。
「ちゃんと答えられる人、責任者を出してください」
「申し訳ありません。少々お待ちください」

ああ、言い過ぎた。
ワタシも冷静にならなきゃな~と思っていたら、電話口の向こうで、
「私の説明が悪いと、お客様がお怒りになって、責任者と代わってほしいと仰ってます」
と、説明する声が聞こえてきた。
いやいや、怒ったらアカン・・・、と気を静めようとしていたところへ出てきた責任者。
「代わりました。何でしょうか?」
「何って、さきほどの担当の方へ説明したとおりです」
「いや~、私は何も聞いておりませんで。責任者をと言われ、代わりました」

どかーん!
「今回の件について、システム的に説明できる人に電話してもらってください!!!」

ここだけではダメだ。
カード会社へも確認しておこう。
こちらは、テキパキと答えてくれた。

10分後、電話がかかってきた。
今度は冷静に・・・。
「説明は聞かれてます?」
「店舗から聞いております」
「では、原因は何ですか?」
「今、操作できる状況でしょうか?」
「は?」

ここから、また事象の説明と、質問を繰り返すこととになり、
「・・・というわけなので、回答してください」と聞くと、
「えーっと、そういうことでしたら、システム部門に聞かないとわかりませんので、
明日のご回答になりまして・・・」
「障害時の連絡体制は無いんですか?」
「ありますが、今日はお休みで・・・」
「トラブルシューティングとか持ってないの?」
「どのようなエラー文だったのでしょうか?」
「だから、さっきから説明しているとおりで、そういうエラーの場合は
パターンが決まっているでしょう? ご自分で意地悪試験してみれば
わかるのでは?」
「え?  何試験ですか?」

実際の問答はこれだけではなかったが、
結局、回答は得られないため、翌日もらうことに。
しかし、ワタシも悪い。
眠れないからと、朝の4時にしなくても良い入会手続きをしたのだから。
これじゃ、悪質クレーマーと思われているかも・・・。
ああ、自己嫌悪・・・。

今日約束どおり電話があった。
「情報についても、問題ないことを確認しました!
SSLと申しまして・・・」
「知ってますから、説明しなくても良いです。ログで確認できたのね?」
「はい。それで、お客様のご指摘どおり、サーバメンテナンスが原因でした。
今回仰っていただいて、障害が発見できたんです! 有難うございました。
ただ、すぐに改修できませんが・・・ 」
「それなら、注記に追加されたら良いですね」
「わかりました!」
「あと、今回の件は記録に残しておいてください。あとで何かあったときに
履歴が追えるようにしておけるように」
「はい! 本当に有難うございました!!!」

電話をきって、ホッとした。
口うるさいオバハンと思われたかもしれないが、役に立ったようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃腸炎でダウン

先週は我が家にとって大変な一週間だった。

月曜日の早朝、
父が「冷えたのかなぁ。下痢で、ずっとトイレや・・・」
と言ったことが発端である。

「昨日の晩御飯はすき焼きだし、あたるようなものは無いしね。
下痢のときはとにかく出さないと。冷やさないようにしてね」
台所の片付けをしながら、ワタシは答えた。

この日は冷たい雨が降る日だった。
11時には母をデイサービスへ送り出さないといけない。
母もあまり調子が良くないようだったが、下痢は無いというので、
予定どおり行ってもらった。

買い物に出かけ、簡単に昼食をすませたあと、
父から頼まれていたので、デイサービスへ母の様子を見に行った。
昼食もほとんど手つかずで、なんだかぐったりしている。
ワタシが顔を出すと、帰りたそうにしていた。
とはいえ、父の容体も気になるし、家事も残っている。
時間までお願いして、家へ戻った。

帰宅すると、とんでもない事態が待ち受けていた。
父の下痢は思ったよりひどく、それから洗濯機フル稼働、トイレと部屋の掃除に追われた。
そこへ、予定時間より早く母が帰ってきたので、息つくヒマもない。
いっこうに父の病状がおさまらないので、数件の病院へ電話した。
どこも、ノロウィルスを疑って、検査ができないと診てもらえない。
やっと急病診療所へこぎつけた。
母を一人残すわけにはいかないので、父をタクシーに乗せ、病院へ送り出した。

父は、薬をもらって帰り、何も食べずに寝た。
当然のことながら、父と分担していることは、ワタシがしないといけない。

翌日も気がかりだったが、出勤し、ときどき電話を入れた。
父は、なんとか大丈夫と言っていたが、早く帰らねば・・・。
と思っていたワタシが、今度は嘔吐と下痢。
夕方の5時だった。
帰りに病院で点滴をうち、夜中じゅう苦しみ、翌日は休んだ。

この日から、まさに我が家は ”一家総倒れ” である。
病人が病人を世話するというのは、つらい。

追いうちをかけるように、母が夜中に便失禁。

もう、どうして次々と起こるのか・・・。
本当につらい一週間だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月合同月例

今日は神有カントリー倶楽部の合同月例。
4日の初打ちより、寒さも和らぎ、いい感じ。

今年こそ上位入賞!
と思っていたら、ハンディキャップが2つ上がっていた。
これじゃ、当分ムリねー。

まあ、ゴルフは楽しむもの。
腰の調子も少しマシなので、
今日はコルセット無し、腹巻にカイロを貼り付けて、と!

うーむ。
ティショットが左に曲がる。
あるいはダフり気味。

アプローチがまあまあだったので、なんとか救われたけど、
大たたき2ホールありで、ネット 6オーバー。(Par 71)
上位入賞には、ほど遠いな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マイナビABCで初打ち!

2013年の初打ちは、1月4日 ABCゴルフ倶楽部へ!

レストラン前には遼クンの写真がいっぱい飾られていて・・・
ああ、しまった!
カメラを忘れた!
残念、、、!!!

なんたって、約1ヶ月ぶりのゴルフ。
ちゃんと当たるかなぁ?
腰用コルセットを着用したままなんて、
身体がまわるのかしら?
でも、腰痛がひどくなるのもイヤだし。
まあ、着けたまま、まわってみよう。

が、しかし!
違和感あり。
途中、何度も外そうかと迷ったが、
雪も降ってきて、ものすごく寒いので、
着けたまま、IN 9ホールを終えると・・・
ワースト記録更新。。。

やはりコルセット着けたままってのは、無理だったんだなぁ。
はぁ~。。。
午後から、コルセットを外し、カイロを貼って、
OUT9ホールをラウンド。
すると、いつものスコア。
なんだ、これだったら、最初から外しておけば良かったわ。

次回は、腹巻をして、カイロを貼ろうっと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰用コルセット

年末、腰痛があまりにひどいので、
整骨院で、新しいコルセットを買った。

先生にまいてもらうと、ぎゅーーーっと、お腹がきつい。
そう、映画「タイタニック」で、ローズがコルセットを締められるシーンのよう。

「こりゃ、お姫様状態ね」と言うと、
「お母さんの介護とゴルフのときは、これでOK」と先生。

なるほど。
介護のときはわかるけど、
ゴルフのときは、動けるかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母のこと(23)

ワタシの誕生日から年末にかけて、
あまりにも忙しく、何が何だか覚えてないけど、
ともあれ無事新年を迎えることができました!

大晦日は母をお風呂に入れ、シャンプーもして、
入浴剤「美人の湯」で気分が良かったのか、
ずいぶん長風呂となり、
洗い場で待ってたワタシは寒いのなんの。
ご本人はご満悦の様子なので、ここはぐっとガマン。

お節を準備しながら、ときどき紅白を見て、
ぐったり疲れたところで、新年。
そのとき、花火がどどーんと上がったので、ビックリ。
どうやら近くでカウントダウンをやってたよう。

明けて、三人でお雑煮とお節で新年のお祝い。
毎年、手をかけないでおこうと言いつつも、
やはり元旦はお祝いしたいもの。
ちょっと頑張りました。
けど、来年はもう少し手抜きをしようかな。

年賀状が届いていたので、仕分け作業。
子供の頃は、ワタシが一番少なかったけど、
いまはワタシが一番多いのね。

今年から年賀状は出さないと言っていた母だが、念のため、
「返事はどうするの?」と聞いてみた。
「出す」

やっぱり。
ワタシも足りないので、神戸中央郵便局へ追加の年賀状を買いに行った。
ついでに、去年の未発信ハガキを持って行き、官製はがきに交換してもらった。
(手数料 5円/枚 要。)

母の年賀状の文面は、昔のものを流用して作った。
  ・ひとまわり前の巳年のもの
  ・おめでとう ~ 本年もよろしく
  ・住所と名前

宛名は、ワタシが代筆。
「えらく下手くそな表書きって思われちゃうね。
ワタシが書いたと、すぐわかるから良いかー」
と呟きながら、慣れない筆ペンを走らせる。

夕方、兄一家がやってきた。
この時点で、ワタシは疲れ果てていたので、自室にこもって、ひと休み。

母は、久しぶりに会う孫(甥っ子)と楽しい時間を過ごしたようだ。
ただ、帰った後が大変だった。
胸が苦しい、お腹が苦しい(食べすぎと下痢)、頭が痛い。
つらいのがわかるだけに、ワタシもつらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »