« GWゴルフ(1) | トップページ | GWゴルフ(2) »

母のこと(30)

昨日(4/28)は大変な一日だった。
少し遅めに起き、朝食を用意していると、母が起きてきた。
両親は、早めに朝食をとった後、一眠りしたようだった。

母が食べ残しのパンを食べ始めたとたん、
「うっ・・・!」
と、なんとも言えない声。
「つまった?」
尋常ではない息で苦しみはじめたので、
背中をたたいて、パンを出そうとするも、まったく出る気配がない。

緊急の訪問看護サービスへ電話した。
「背中の下をたたくか、上体を(私のほうに)倒して、胸をかかえこみ押してみてください」
と言われた。
後者をやってみると、パンが出てきた。
取り出したが、まだ苦しんでいる。
息遣いがおかしく、胸も苦しいという。

まだつまっているのだろうか?
心臓がおかしいのか?

父と相談し、救急車を呼んだ。
すると、救急隊員が6~7人やってきた。
なんでこんなに大勢で来るのだろう?
少し落ち着いていたが、やはり病院で検査したほうが良いと
近くの病院へ運ばれた。
すぐ近くなのに、救急車が道を間違え、ずいぶん時間がかかってしまった。
救急車でも道を間違えるんだなぁ。

検査結果は問題なく、
「応急処置が良かったんですね」
と言われた。
ただの偶然だが、本当にこわかった。
このまま母の息がとまるんじゃないかと。

帰ることになり、急ぎ車椅子を取りに帰り、車で病院へ向かった。
家に帰ると、もうお腹ぺこぺこだった。
それもそのはず。
時間は2時すぎ。
飲まず食わずである。
冷凍のたこ焼きを食べ、ひといき。
因みに、母も8個食べた。
さっきまで苦しんでいたとは思えない。

喉につめたのは、ランチパック(ピーナッツ)。
これを食べさせるのは、もうやめようということになった。
やれやれ・・・。

|

« GWゴルフ(1) | トップページ | GWゴルフ(2) »

母と私」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/57271834

この記事へのトラックバック一覧です: 母のこと(30):

« GWゴルフ(1) | トップページ | GWゴルフ(2) »