« 母のこと(35) | トップページ | 母のこと(37) »

母のこと(36)

要介護5。
認知症もすすんでいる母。

「よりちゃーん」と叫ぶものの、次の言葉が出てこない。
用事をしていて、少し間があいて、
「何?」と聞くと、
「忘れた」
「思い出したら、言ってね」
「うん・・・」

こんな母だが、ときどき頭脳明晰になる。
「もうダメだ。(シゴトの)ストレスで倒れそう」
そう泣き言をいうと、慰めてくれるどころか、
「アンタは自分で何もしてこなかったからや」
と、ピシリ。
「そうね、お母さんに何でもしてもらってたもんね」
「そうや」

今日、ディサービスでヘアカットをしてきた。
えらく短くカットされ、父曰く、
「いわゆるお祖母ちゃんのヘアスタイルやな」
「絶対、こんな短くされて、ショック受けてるわ。ね、お母さん」
すると母。
「また伸びるから、ええわ」

ワタシは覚えてますよ、お母さん。
一度、美容院で短くカットされてきたとき、
「やだー。ワカメちゃんみたい」と冗談を言ったら、
日記帳に「ワカメちゃん、と言われた。ショック!」
と書き綴ってたよね。
以来、「ワカメちゃん」はNGワードになった。

今日の母。
ワカメちゃんどころではない。

「次のヘアカットは、パスしてね」と、父に念押しした。

|

« 母のこと(35) | トップページ | 母のこと(37) »

母のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/57818398

この記事へのトラックバック一覧です: 母のこと(36):

« 母のこと(35) | トップページ | 母のこと(37) »