« 痛い痛い病 | トップページ | 母のこと(46) »

長かったドラマ「宮廷の諍い女」

「宮廷の諍い女」は全76話。
初めて見たのは、主人公 甄嬛が華妃の嫌がらせで流産してしまう29話。
出演者も衣装も、とにかくキレイ。
主演のスン・リーなんて、美しすぎて、ほれぼれしちゃう。

ただ、残り47話は長い・・・。
録画しても、途中で断念しそう。
あらすじを見れば、だいたいはわかるので、63話から録画し、夜寝る前に見ていた。
週末まとめて見る手もあったが、展開が気になるから、結局見てしまう。
69話からは、2話/日だったから、もう大変。
毎日、寝不足になるわけだ。
(睡眠不足の一因は、このドラマにあり。)

宮廷で生き残るために、策略をめぐらせていくところは、
今クール人気の「半沢直樹」より、はるかに面白かった。

|

« 痛い痛い病 | トップページ | 母のこと(46) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/58290746

この記事へのトラックバック一覧です: 長かったドラマ「宮廷の諍い女」:

« 痛い痛い病 | トップページ | 母のこと(46) »