« 「あまちゃん」総集編 | トップページ | あんしんクリニックへ(2) »

母のこと(50)

猛暑をなんとか乗り越えられたけれど、
母の介護が楽になるわけではなかった。

10月 1週目の金曜日。
父がとうとうダウンしてしまい、ヘルパーさんが来るまで、
私が母を看なければならず、午前半休に。

なんとか父が回復したので、ホッとしたのもつかの間、夜中に母が転倒した。
「痛い、痛い。救急車を呼んで!」
これまで、この言葉を信じ、病院へ連れて行き、異常なし。
またか・・・と思っていたら、骨折していた。
2週目の水曜日に入院したので、木曜日は病院へつきそうため、1日休暇をとった。

2週連続で休暇をとったことはない。
が、まさか3週連続となろうとは・・・。

ノドの痛みが出始めたのは、3週目の日曜日から。
母の病院へ2日連続で行き、疲れを感じていた。
しかし、この週は仕事の都合で休めなかったので、熱をおして出勤した。
水曜日の午後からは、かなり熱が出ていたと思う。
途中トイレへ行ったとき、ぐったりして、しばらく立ち上がれなかった。
その夜、満足に食事もとれず、薬を飲み、倒れこむように休んだ。

そして、翌木曜日から日曜日まで、4日間寝こんでしまった。
すっかり体重もダウン。
病で痩せこけるとは言うが、本当にそのとおりだと、
鏡にうつるわが身を見て、そう思った。

昨日(土曜日)、久々に母の見舞いに行った。
リハビリで、少し歩けたので、安心した。
が、ワガママ度は相変わらずだった。

「家に帰る。一緒に帰ろう。
蛍光灯を見つめて過ごすのはイヤ。
さびしい。帰らんといて。
こんな状態なら、死んだほうがマシ。
連れて帰って。」

母の気持ちはよくわかる。
私も入院嫌いで、
夜中に「迎えに来て!」と母を呼びつけ、さっさと退院したことがある。
しかも2回。

母が「帰りたい。連れて帰って。」と言うたび、
つくづく、私は母に似たのだなぁ、と思う。

|

« 「あまちゃん」総集編 | トップページ | あんしんクリニックへ(2) »

母と私」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/58466677

この記事へのトラックバック一覧です: 母のこと(50):

« 「あまちゃん」総集編 | トップページ | あんしんクリニックへ(2) »