« 砲台グリーン | トップページ | 花粉症ゴルフのあと »

母のこと(83)

一週間ぶりに母のもとへ。

居室に入ると、
「あ、やっぱり、よりちゃん」と母。
「私って、わかった?」
「足音でわかった」
「クセのある足音だもんね」

こっそり持ってきたお菓子を広げると、
「何にも食べてないねん!」と、いつもの口癖である。
「ご飯とおやつ、食べてるでしょ?」
「それ以外、食べてない」

一日何もすることがない(気もない)母にとって、食べることだけが楽しみである。
ひと口羊羹、チョコレート、クッキー、おかき。
ああ、これじゃ食べすぎだ。
家で作ってきた紅茶を飲んだところで、ひと息。

ふと母の右手をみると、少し腫れていた。
「どうしたの?」
「男のヘルパーとケンカした」

サブリーダの女性ヘルパーさんに聞くと、
「確かに、男性のヘルパーを嫌がっておられます。手はベッドの柵をよく揺らしているので、ぶつけたんだと思います。クッションになればと思い、夜勤の合間をぬって、カバーを作りました」
「お手製ですか?」
「粗い作りですけどね・・・」
「ありがとうございます」
「男性のヘルパーですけど、このフロアには3人いるんです。嫌っておられる人は、他にもクレームがあって。ただスタッフが言っても、取り上げてもらえないので、入所者か家族さんが言ってもらえれば、すぐとおります。1Fに意見箱もありますし」
「今週、ケアマネさんとの会議が予定されているので、そのとき父に言ってもらいますわ」
「そうですね。あと、私ができるだけ様子を見に来ます」
「すみません、お願いします」

彼女は、母のことを「かわいい」と言って、気にかけてくれている。
母の普段の様子も、こと細かく教えてくれるので、よくわかる。
こういう方がいると、家族も安心だ。

|

« 砲台グリーン | トップページ | 花粉症ゴルフのあと »

母と私」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/59305794

この記事へのトラックバック一覧です: 母のこと(83):

« 砲台グリーン | トップページ | 花粉症ゴルフのあと »