« 6月の合同月例 | トップページ | 母のこと(107) »

父の入院

先週の土曜日、帰宅すると、ぐったりした様子の父。
猛暑にもかかわらず、カラオケ店へ出かけたらしい。
あいにく店はお休み。
どこへも寄らず帰ってきたが、疲れたという。

翌日も暑い日だったが、こりない父は、再びカラオケ店へ行った。
夜、クシャミがとまらないと言うので、検温したところ、38度の熱!
風邪薬を飲み、早めに休んでもらった。
月曜日は糖尿病の定期検査を受ける日だったので、
ついでに風邪も診てもらう、と言っていた。

夜中と朝、父の様子を見に行くと、グーグー寝ていた。
まあ大丈夫かな・・・と、ワタシはいつもどおりに出勤した。
ところが、午前中、病院から「検査入院」との電話がかかってきた。
電話もかけられないほど、重病なのだろうか? と思いきや、
「携帯電話を忘れてきたんや。すまんけど、持ってきてくれるか」
「今日は会議でたてこんでるから、会社の帰りに行くわ」
「それとなー、夕食宅配と明日のヘルパーさんのキャンセルしといて」

「キャンセルしといて」って、電話番号もわからない。
昼休みに電話番号を調べ、キャンセルをしておいた。
入院にあたって用意するものを取りに、いったん帰宅した。
忘れないようにリスト化しておいたので、
肌着、食事用のフォーク、スプーン、コップ、入歯ケース、
バスタオル、フェイスタオル、箱ティッシュ、洗面器、石鹸・・・。
よっしゃ、そろった!

急ぎ病院へ向かった。
病棟に着くと、看護師さんが声をかけてくれた。
「今日の検査結果では、感染症、白血球増、脱水症状、
  肺に少し影が見られました。明日再検査するので、
  入院予定期間が決まると思います」
「ああ、そうですか。もうビックリしました。
  病院からの電話でしょ。父が携帯電話を忘れたって・・・」

ここでハッと気づいた。
ケータイ持ってくるのを忘れた!
とほほほほ・・・。

入院手続きの書類を書き、病室の父をのぞいた。
「いったん家に帰って、入院の支度をしてくる、言うたんやけど、
  医者が『すぐ入院せなアカン』って、点滴が始まったんやー」
鼻声であったが、点滴の効果か、比較的元気だった。

翌日、ケータイを届けると、
「金曜日に再検査して、来週火曜日の退院やって・・・。
  かなわんわー」

そして、今日母のところから電話をすると、
「月曜日に退院させてもらうことにしたわ。
  ヘルパーさんに来てもらうしなー。
  夕食宅配、再開しとってなー」

昨日、今週と来週分をキャンセルしたところである。
事情を話し、来週から再開してもらった。
やれやれ・・・。
まあ、たいしたことがなくて、良かった、としようか。。。

|

« 6月の合同月例 | トップページ | 母のこと(107) »

父のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/59759602

この記事へのトラックバック一覧です: 父の入院:

« 6月の合同月例 | トップページ | 母のこと(107) »