« 「和み」の親子丼 | トップページ | 「介護付きというが」 イイミミ投稿より »

父語る(2)

高齢化が進む我が町。
「しばらくお見かけしないね」と、父と話していたら、
入院した、あるいは施設に入った、
最悪のケースはお亡くなりになった、である。

ワタシはシゴトがあるので、近所の方と会うことは、ほとんどないため、
かなり時間が経ってから聞くことが多い。
だが、ご近所さん方の情報収集力といったら、すごい!

誰から聞いたの?
情報源はどこ?
・・・一度聞いてみたいもんだ。

たまたまコンビニで会った、ご近所のHさんが
「この前、お母さんのところへ行ったのよ。Sさんと一緒に」
と、仰った。
「え?  そうなんですか?」

Sさんは、時々、我が家の表の木を切ってくれたり、
雑草むしりをしてくださるオバサンである。
Sさんが行ってくださったことは、父から聞いた。
母のところへ行ったことの報告がてら、表の木を切りに来てくれた。
しかし、Sさんは、Hさんと行ったとも言わなかった。

帰宅して、父に話すと、
「ふーん」と、あまり関心がない様子。
「なんか御礼をしといたほうが良いよね。
  Sさんにはお菓子をさしあげたし」
「Sさんは、木を切ってくれた御礼もあるからな」
「そう?  要らない?」

すると、父。
「皆、施設見学がてらで行っとる、いうんが本音やで。
  自分らも将来入らなアカンかもしれん。
  どんなとこやろ、いっぺん見に行っとこかー。
  そんなとこや」

せっかくのご厚意も、けんもほろろ。
相変わらずの父の毒舌である。

|

« 「和み」の親子丼 | トップページ | 「介護付きというが」 イイミミ投稿より »

父のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/59951178

この記事へのトラックバック一覧です: 父語る(2):

« 「和み」の親子丼 | トップページ | 「介護付きというが」 イイミミ投稿より »