« 母のこと(165) 「戦火を生き延びて・・・」 | トップページ | 母のこと(166) 「父との和解」 »

松迺家

特養の母を訪ねたあと、叔母に「松迺家」(神戸交通センタービル9F)の懐石料理をご馳走になってきました!
花隈のお店が阪神淡路大震災で全壊になり、今の神戸交通センタービルへ移ったらしいのですが、なんと 昭和34年3月 失踪事件を起こしていた石原裕次郎を一週間隠まったお店とか。
知らなかった・・・。

さてお料理は・・・季節コース。

☆先附 季節の八寸盛り
Matu01

Matu02

☆椀物  くるみ真丈 松茸 ・・・ 初松茸!!!  お吸い物の味も絶品!
Matu03

☆造里  二種盛り ・・・ マグロと鯛
Matu04

☆焼物  秋刀魚の柚庵焼き ・・・ エリンギを秋刀魚で巻いて。初秋刀魚!!!
(見た目はちょっとグロテスクだけど)
Matu05_2

☆焚合せ  焼き豆ふの柚子味噌がけ
Matu06

☆揚物  天使の海老ジュレがけ ・・・ 貝柱も隠れてます。
Matu07

☆ 食事  かに釜飯  赤出汁  香の物 ・・・ かに釜飯はおかわりしましたよ。
Matu08

☆水物  柿、巨峰、わらびもち ・・・ 巨峰が甘くて美味しかった!
Matu09

久々の懐石料理に大満足!!!
次はランチに行ってみたいな~~~。。。

|

« 母のこと(165) 「戦火を生き延びて・・・」 | トップページ | 母のこと(166) 「父との和解」 »

箸やすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/60422490

この記事へのトラックバック一覧です: 松迺家:

« 母のこと(165) 「戦火を生き延びて・・・」 | トップページ | 母のこと(166) 「父との和解」 »