« ふなっしーリンガーベル | トップページ | 母のこと(204) 「我が家の元旦」 »

母のこと(203) 「なんとも可笑しく可愛らしい」

「なんとも可笑しく可愛らしい」
12301a_2
12302a
12303a
12304a
12305
12306
12307
12308

先週の土曜日、母を訪ねたときのできごとです。
普段、入口のドアでUターンしてくるのに、この日は珍しくドアを開け、ちょこっと首だけ出し、外の様子をうかがっていました。
その仕草がなんとも可笑しく可愛らしくって・・・。

ドアから首だけ出して寝ていた話は、以前ヘルパーさんから聞いたもの。
見つけたヘルパーさんは大慌てでベッドへもどすのですが、当の本人は熟睡していて、ケロリとしたもの。coldsweats01
在宅介護をしていた頃、夜中に目覚めた父が、ベッドに母の姿が見えず、
(父は視力障がいで下半分は見えない)
「お母さん、どこー?」  「ここー、助けてー」
声を頼りに、床にひっくり返っている母をベッドに戻したことを思い出しました。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

|

« ふなっしーリンガーベル | トップページ | 母のこと(204) 「我が家の元旦」 »

母と私」カテゴリの記事

母のこと(マンガ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/60892585

この記事へのトラックバック一覧です: 母のこと(203) 「なんとも可笑しく可愛らしい」:

« ふなっしーリンガーベル | トップページ | 母のこと(204) 「我が家の元旦」 »