« お母さん、ショック! | トップページ | 母が見えるもの »

特養でのつらい思い出

「特養でのつらい思い出」 [母のこと(389)]
1602281
1602282
1602283
1602284

母が呟いた言葉、
「そこに女の人が5人おる・・・」
母が何かを思い出して出た言葉なのだろうか。
考えるうち、ふと特養での出来事を思い出した。

母が誤嚥性肺炎で退院した後、介護スタッフの大幅異動があり、
入所当初のスタッフが(相談員、ケアマネージャー、介護士さん達)退職または異動で、誰もいなくなってしまった。

その日、私が母を訪ねた時、すでに夕食が始まっていた。
いつもの席に、母の姿はなく、キッチンの傍にある小さなテーブルに、一人隔離されて座っていた。

「あ、よりちゃん」
母は、寂しげで不安な表情を浮かべていた。
「席、変わったの?」
「うん・・・」

新しい介護スタッフに聞くと、
「シゲコさんの席は、ここって聞いてます。食事介助も必要ですし、
  こちらのテーブルには食事介助が必要な方が2人いるので・・・」
入居者 10名の食事を、スタッフ1人で看る体制なので、一度に3名の食事介助は出来ないのだという。
それに、車椅子で動き回る母は、「手がかかるから」とも言った。

「お母さん、ここでご飯食べようね」
母の傍に座り、スプーンでご飯を口に持っていくと、
「あっちの席は、埋まってるねんなぁ・・・」
と、寂しそうに呟いた。
母なりに我慢しているのだ・・・。
そう思うと、涙があふれてとまらなかった。

特養には、介護スタッフの負担も考慮し、また他の入居者の方にも迷惑がかからないよう、例えばテーブルの配置を変える等の改善を申し出たが、結局、席替えが行われただけだった。
母の代わりに、別の方が隔離されただけで、その方には申し訳なく思った。

1年半入所していた特養。
勿論、楽しい思い出もあった。
だが、後半はつらい思い出しかない。


☆コミックエッセイボタンを押していただけると、励みになります。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


コミックエッセイ ブログランキングへ

|

« お母さん、ショック! | トップページ | 母が見えるもの »

母のこと」カテゴリの記事

コメント

よりこさん、こんばんは。
お母様が動き回るなら「椅子」に
移っていただければ良い事なので
スタッフさんの手抜きはゆがめません。(`◇´*)
ただ 隔離って何の考えなしは嫌いです。
もっともっと格闘しないと!
知恵を出し合わないといけませんね。
・・・決まったスタッフの人数で
利用者さんは どんどん手が必要になるという悪循環。
施設を作っても働く人がいないこの現状。
政治家にはもっともっとこの現実を受け止めてほしい!
お母様の我慢した日々が無駄にならないように!
本当に我慢強いご一家ですね。
私 爪の垢を煎じて飲まないと!
今日もおばあちゃまのお見舞いに行って
乱暴な言葉を使った看護師さんをにらんでしまった!
(苦笑)ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダ・・私は・・。

投稿: | 2016年2月28日 (日) 23時18分

こんばんは。特養ってつらい所なんですね~私も将来お世話になるでしょうし、yorikoさんみたいな良い娘もいないので誰も来てくれないと隅に追いやられてしまうんですね....

投稿: nonno | 2016年2月29日 (月) 17時52分

よりこさん、こんばんは。

私の母も今まさに特養にいますが、面会に行くたび、辛くて帰りたいと涙ぐみます。

在宅の頃は、トイレしたい時、横になりたい時、寝返り打ちたい時、すぐに対応してあげましたが、特養ではナースコールが手のとどかないところに置いてあったりした時もありました。

今は仕事で世話をしてあげられないけど、休日や仕事帰りに極力顔を見せ、母が悲しまないように努めています。

お互いあまり無理せず、頑張りましょうね!

投稿: ケアメン | 2016年2月29日 (月) 20時57分

舞さん、おはようございます。
前向きな改善を提案し続けましたが、すべてクレームと受けとめられ、逆効果になってしまいました。
今になって思えば、別の施設に変わるという選択肢もありましたから、私達家族の判断が悪かったこと・・・自己責任と思っています。
他の家族の方には、私達家族のような事態にならないよう、よく吟味してもらえれば・・・と思います。

投稿: yoriko | 2016年3月 1日 (火) 05時35分

nonnoさん、おはようございます♪
私も一人ですから、隅っこパターンになるかも、ですね。
ただ一概にツライことばかりではないと思います。
施設になじんで楽しく過ごされている方や、そこにいることを受けとめ達観されている方もいらっしゃいましたから。

投稿: yoriko | 2016年3月 1日 (火) 05時45分

ケアメンさん、おはようございます。
お母様のおつらさ、私の母と重なります。
ナースコールも、ベッドと壁の間に押し込め、取れないようにされていたので、法律に従って備え付けている形だけのものなのかと腹も立ちつつ、行くたび元に戻していました。

子として、何が出来るか・・・。
出来る範囲でと言い訳しながら、悩みは尽きませんね。
さて、そろそろ出勤準備をしなくちゃ。。。(^^;

投稿: yoriko | 2016年3月 1日 (火) 06時04分

ウ~ン…お母さまも…yorikoさんも…御苦労なされsweat01
何とも・・・
他に楽しみを提供して…気を紛らわせて…かなflair
マーお母さまとしてはyorikoさん他ご家族の顔を見れるのが一番なんでしょうが…happy01

投稿: croco | 2016年3月 2日 (水) 07時52分

crocoさん、こんばんは♪
母の言葉で思い出してしまいました。
出来るだけ楽しい思い出を増やしていこうと思います。

投稿: yoriko | 2016年3月 2日 (水) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/63277329

この記事へのトラックバック一覧です: 特養でのつらい思い出:

« お母さん、ショック! | トップページ | 母が見えるもの »