« 父の急変 (1) | トップページ | 父、永眠 »

父の急変(2)

1606161
1606162
1606163
1606164

前日の土曜日、比較的元気だった父。
ところが、夜中に痰がつまり、一時、呼吸停止、全身蒼白の状態に。
看護師さんの懸命の処置で、息を吹き返してくれました。
父の手がこんなに温かいと感じたのは、初めてでした。
翌日から、父はナースステーションに近い病室へ移りました。

(つづく)


☆コミックエッセイボタンを
   押していただけると、
   励みになります。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


コミックエッセイ ブログランキングへ

|

« 父の急変 (1) | トップページ | 父、永眠 »

コミックエッセイ」カテゴリの記事

父のこと」カテゴリの記事

コメント

痰が詰まってアラームがなっても看護師さんが気がつかないと大変なことに。ナースステーションの傍に移れて良かったです。でもなぜ急変したのか心配です。

投稿: nonno | 2016年6月17日 (金) 23時10分

nonnoさん、おはようございます。
ご心配くださり有難うございます。
今の病室はナースステーションの前なので、安心です。
しかも母の隣の部屋!・・・私も行き来しやすくなりました。

投稿: yoriko | 2016年6月18日 (土) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218569/63788801

この記事へのトラックバック一覧です: 父の急変(2):

« 父の急変 (1) | トップページ | 父、永眠 »