病気・ケガ

インフルエンザA型に!

1701191_2
1701192


週明けから体調が悪く、
火曜日には、悪寒、身体の節々の痛み。
これは風邪だな・・・と、会社帰りに病院へ。

検温すると、37.9度!
ええっ、こんなに熱があったの!?

念のためインフルエンザ検査をすると・・・
なんとA型でした!

とっさに浮かんだ母の顔。
一週あくと、不安がるだろうな…。

仕事の調整をした後、
病院へ、今週末は行けない旨、連絡しました。

それにしても、インフルエンザとは。
ニュースで流行と言ってたけれど、
まさか自分がかかるとは・・・、まいりました。coldsweats02

火曜日の夜は、高熱にうなされ、
翌日もフラフラ。
今日ようやく回復してきました。

今回初めてイナビルを吸入しましたが、
一回で処置完了とは、
ずいぶん医療も進んだものです。。。


☆コミックエッセイボタンを
   押していただけると、
   励みになります。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


コミックエッセイ ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

再び巻き爪治療

1603271

前回の右足の巻き爪治療後、
巻き爪の痛みもなんのその☆花屋敷よかわでゴルフ♪
今度は左足の痛みがひどくなり、
昨日再び整形外科へ。

右足ほど化膿してなかったのですが、
麻酔がなかなか効かず、
かなり痛い思いをしました。wobbly

巻き爪は、再発するとのことなので、
我慢せず、早めの受診をおすすめします。

☆コミックエッセイボタンを押していただけると、励みになります。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


コミックエッセイ ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

後遺症ってツライ

今週は体調が悪くて、昨日は痛みとのたたかいでした。weep
というのも・・・
8年前、強風にあおられた看板(幅 2.7メートル、高さ 2.8メートル)が
落下してきて、右肩骨折と右足打撲の大ケガ!!!
(新聞、地元テレビでは、重傷と報道。)

0516

完治したのは約6ヶ月後。
「後遺症が残るかも」との診断でしたが、
いまだに雨が降ると、じわじわと痛みが出はじめます。
後遺症って、ほんとにツライですね。sad

看板事故のお話は 「はじめての救急車」 で綴ってます。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


コミックエッセイ ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ぎっくり腰(4)

痛みがなかなかとれない。
ちょっと良くなったかな~と思ったら、
翌朝になると、身体が重く、起きるのもひと苦労。

「安静に・・・」と医者に言われたが、
背筋がこわばってくるわ、
右足のふくらはぎは、こむらがえりをおこすわ、
踏んだり蹴ったり。

土曜日、思いきって、整骨院へ行った。
「ぎっくり腰ですわ」と言うと、
「すぐベッドに横になってください」と先生。
「まだ受付、すませてませんけど・・・」
「顔パスで良いですから!」

コルセットをとり、うつ伏せになった。
こわばった筋肉をほぐしてもらい、
飛び上がるほど痛いところもあるが、容赦ナシ。
いわゆる荒療治である。

一度、座って状態をみたあと、
特に痛みがある左側の腰から背中、首筋をもう一度ほぐしていき、
ここで保冷剤で冷やした。
そのあと、首を矯正。

「今日はこれぐらいにしておきましょう。
  これ以上やると、炎症おこしてしまうから。
  来週また来てください」
「あのー、ゴルフ行けますかね?」
「行けるようにします!」

「ゴルフへ行けるか」と聞くワタシも、オカシイが、
「行けるようにする」と答える先生も、実にオカシイ。

買い物をして帰宅すると、疲れたのか、バタンキュー。
荒療治のあとは、ただひたすら眠った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎっくり腰(3)

痛み止めの薬、ロキソニンテープ、ついでに座薬と
とにかく痛みを抑えている。

一昨日まで、ロキソニンテープを背中から腰、
右足の付け根まで、一面に貼り、コルセットを装着していた。
テープを貼って、2時間くらいはスーッと気持ちが良いのだが、
午後になると、痒くなってくる。

どうにもこうにも我慢できず、テープを外した。
背中をさわってみると、ブツブツ・・・。
汗疹だ!
ああ、やっぱり。
もともと肌が弱くかぶれやすい体質である。

仕方なく、昨夜はテープを貼らずに寝た。
すると、朝、なかなか身体が動かず、
寝がえりをうつだけで、
「よいしょ・・・、痛ッ!」という具合。

汗疹の悪化を甘んじて受けざるを得ない。
ただし必要箇所のみテープを貼って、出勤した。
だが、午後になると、もうムレて我慢の限界!
テープを外し、おそるおそる背中をさわると、やっぱりブツブツ・・・。

こりゃもう、痛みと汗疹との闘いである。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎっくり腰

それは突然やってきた。
原因に心当たりはある。

さかのぼること、2日前の木曜日。
ふなっしーグッズが届くので、18時半に帰宅した。
佐川急便のドライバーから、最終便は19時だと連絡を受けていたからだ。

雨つづきだったので、屋根の下に干しておいた洗濯ものを
取り込もうと、縁側に出た。
ずいぶん奥のほうまで干していたので、下に降り、取り込めば
良かった。
が、横着して、手をのばして取ろうとした。
なかなか届かない。
台に乗り、さらに手をのばした。
少し背筋がつっぱるような感じはしたが、痛みはなかった。
宅配便を受取り、夕食にしようと、電子レンジのドアを開けようとしたとき、
わき腹にずしーんと重だるい痛みを感じた。
だが、さして気になるような感覚ではなく、いつもどおりに夕食をとり、
ゴミの整理をし、ブログをアップし、お風呂に入り、さあ休みましょう・・・
とベッドに横たわるとき、背中に痛みが走った。
ボルタレンジェルを塗り、そのうち痛みは消えるだろうと休んだ。

激痛で目覚めたのは、夜中の3時。
背中がとにかく痛い。
起き上がり、シップを貼ったが、痛くて眠れない。
やっぱり洗濯物をとりこむとき、ムリな姿勢をしたから、背筋をねじったのだ。
ああ、やらなきゃ良かった。
痛みで、寝たり起きたりするうち、とうとう朝になってしまった。
まだ痛みはとれていないが、なんとか動ける。

ある早朝イベントがあったので、背中をさすりながら、出勤した。
「洗濯物をとりこむとき、背中ひねっちゃったみたいで・・・」
このときは、まだ笑い話のように話していた。
カイシャにいると、気が張っているせいもあり、いくぶん痛みに鈍くなる。
それとも、シップを貼ったから、良くなってきたのかな・・・。
けど、翌日はゴルフだ。
念のため、かかりつけ医へ寄り、痛みどめの薬とシップを処方してもらった。
お好み焼きを作り、夕刊を読みがら、夕食をとり、薬を飲んだ。
さあ、洗いものをしよう・・・と立ち上がり、食器を運ぼうとしたとき、
背中が痙攣をおこし、激痛がはしった。
少しじっとしていると、痛みもおさまったので、食器を洗い、お風呂をわかして、
2Fへ上がった。

寝不足で疲れてるのかも・・・。
少し休もうと思い、ベッドに横たわろうとした瞬間、
さっきとはくらべものにならない痙攣と激痛におそわれた。
一度ではなく、連続でおこる。
楽な姿勢をとろうにも、身体を動かすたび、
腰・背中・腹筋に痙攣と激痛がはしるので、どうしようもない。

もしや内臓からくる痛みでは?
病院へ行ったほうが良い。
だけど、動けない。
電話も1Fにある。
もがきながら起き上がり、腰をかがめて、1Fに降り、叔母に電話をかけた。
ワタシの声にびっくりした叔母は、「すぐ行く!」と言ってくれた。
玄関のカギを開けなければならない。
這うように、カギを開け、そのまま玄関でへたりこんでしまった。

約10分後、叔母が来てくれた。
息も絶え絶えの状態で、病院へ連れて行ってくれるよう頼んだ。
叔母が近くの総合病院へ電話をかけると、受け付けてくれるとのこと。
父の杖を借り、表通りまで、よろよろと叔母にささえられながら歩き、
叔母の車で、病院へ向かった。

問診のあと、レントゲン撮影。
歩けなかったので、車椅子に乗せてもらった。
たった2枚を撮るのも、地獄のような痛みとの闘いだった。
もはや自力で起き上がれない。
レントゲン技師に起こしてもらい、再び診察室へ。
今度は、坐薬を入れるため、ベッドに横たわらなければならない。
横になるまで、激痛につぐ激痛。

「じっとしてても、痛いですか?」と、医師に聞かれた。
「はい・・・」
「感染症もあるかもしれないので、血液検査をしておきましょう」

検査結果が出るまで、ベッドで横になっていた。
5分くらいで、坐薬が利くと言っていたが、なかなか痛みはひかない。
同じ体勢だとツライので、向きを変えたいが、そのたび痛みがはしる。

ああ、このぶんだと、明日のゴルフは無理だな・・・。
せっかく誘ってもらった記念コンペ。
行きたかったなぁ。
やっぱり洗濯物の取り込みが原因だ。
なんで、あんな無理な姿勢をしたんだろう。

「検査結果が出ましたよ。感染症等、問題ありません。
  レントゲンの結果も、骨折はありません。
  すべり症の疑いが1箇所ありますが、
  詳しいことはMRIを撮らないとわかりません。
  よって、所謂、ぎっくり腰(急性腰痛症)ですね。
  痛みどめを飲み、シップを貼って、安静にしててください」
「それだけですか?」
「温存治療しかありません」
「あの・・・ワタシ、ゴルフをするんですけど、いつ頃ならできます?
  例えば、明日とかムリですよね?」
「明日!?  そんなんムリに決まってるでしょう!」
「すみません・・・。じゃあ、2週間後くらいなら?」
「痛みがとれていればね!」
医者は、至極呆れたように答えた。
そりゃそうだ。
痛みでかけこんできたのに、「何がゴルフだ?」ってとこだろう。

叔母に自宅まで送ってもらい、ゴルフのキャンセルの電話を入れた。
本当に残念だ。
何度思い返しても、洗濯物のとりこみ!
ああ、悔やんでも悔やみきれない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知覚過敏ふたたび

日曜日の夜中、激痛で飛び起きた。
しばらく治まっていた知覚過敏が復活したようである。

歯を磨くと、少し治まったように感じたが、その日は一日中痛い痛い病。
帰りに歯医者へ行くことも考えたが、とにかく寒い日だったので、三宮まで足をのばす気分になれなかった。
少し身体を休めれば治まるかも・・・。
ところが、治まるどころか、夕食後はキリでさされたような、ねじれるような、ひどい痛みになった。

ほんまに知覚過敏か?
顔面神経痛?
いや、骨も痛いから、別の病気じゃないか?
病院へ行ったほうが良いかな。
いやいや、この寒さ。
出かけるなんて、とんでもない。
救急車を呼んでみるとか?
歯痛で呼ぶなんて、怒られるわな。

こんなことを考えながら、ベッドでうんうん唸りつづけること、1時間余。
なんとかたえられるところまで治まった。

翌日は祝日だったので、水曜日、さすがに歯医者へ行こうと電話した。
毎度のことだが、
「痛くて痛くて」と、割り込み予約を入れてもらった。

「薬の塗布でのりきりましょうか」
「神経をぬかなくて良いですか?」
「抜かないにこしたことはないですね」
「知覚過敏って、こんな尋常じゃない痛みを伴うものなんですか?」
「人によって異なります」
「ほんとに知覚過敏でしょうか?」
「消去法でいくと、そうなりますね」
「カレーを食べたあと、痛みが出たんですけど、刺激されたんでしょうか?」
「カレーは・・・、あまり考えられないですね。甘いものであれば、誘発することはあるでしょうけど」
「甘いもの・・・。アメとかチョコとか」
「そうですねぇ」

薬がきいたのか、極力 アメとチョコを食べないようにしているせいか・・・
今日は、痛みが治まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また整骨院へ

先週、ニトリで買い物をしていたら、腰にピリピリッと痛みがはしった。
首の痛みばかりに気をとられていたので、腰が悪いことを忘れ、無理な姿勢をとったせいだと思う。
ひどくなる前に、腰の矯正をしてもらおうと、整骨院へ行った。
去年の8月以来である。

「いやー、去年はそれはもう大変でした。母の介護でやつれて、『ガンじゃないの?』なんて言われたりして。それがストレスになって、またやせて・・・」
「事情を知らない人は、好き勝手言いますからね」
「でしょう。あの頃、人とかかわるのがイヤでイヤで・・・。母が10月に入院して、4日間寝こみ、ようやく回復したのは12月にはいってからかな。『在宅なんてもうムリよ。施設に入れよう』と父を説得して、やっとふんぎりがつきました」

この日のワタシは実に能弁だった。
たまっていた言葉があとからあとから出てくる。
すっかり吐き出すと、フシギと身体も軽くなっていた。

「週1回でも通ってみてください」
そう整骨院の先生に言われ、素直に頷いた。

腰の痛みはやわらいだが、首と肩はすぐに良くなるわけではない。
だいたい木曜日が痛みのピーク。
金曜日はだましだましで乗り越え、あとはぐっすり眠ることでごまかしてる感じ。

今日、また整骨院へ。
施術を受けたあとは楽になる。
そのまま何もせず寝ていたら、たぶん良いのだろうが、そういうわけにはいかない。
ただ、以前とちがうのは、ムリをしないようにしていること。

明日は神有の合同月例だが、雨の予報が出ていたので、早めにキャンセルした。
「気温が上がっても、雨降りだと、カゼひきそうだし。それに寒気もするし」
ところが、今日、天気予報を見ていた父がニヤニヤと言う。
「明日は朝のうちだけ雨やで」
「えっ!?」
内心、大雨が降れば良いのに・・・と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年明けの医者めぐり

お正月3日、不二家のソフトエクレア(キャンディ)を食べていたら、右下の歯のつめものがとれてしまった。
以前、ミルキーでとれてしまったとき、歯医者へ行ったら、
「つめものを持ってこられました?」と聞かれたので、
「え? 捨てましたよ。部屋のゴミ箱に」
そう答えると、いかにも残念そうな歯医者さん。
「持ってきてくれたらよかったのに!
  再利用できたかもしれんのに・・・」
「ええっ!?」

歯医者といえば、何度も何度も通わなければならないのが面倒である。
今回は捨てずに置いておいた。
5日に予約の電話をいれると、
「18時半に来れますか? つめものはありますか?」
「行けます! つめものも持ってます!」
つめものを持って行くと、再利用してくれ、15分くらいで完了。

その足で眼科へメガネを取りに行った。
年末に作っておいた、部屋用のメガネである。
普段はコンタクトレンズを使っているが、最近目の調子が悪くなることが多くなった。
数年前に買った近視用のメガネは度がきついため、車の運転には良いけれど、パソコン画面は見づらい。
近視用のメガネの上から老眼をかければ、よく見えるが、なんとも奇妙な光景である。
そこで、近距離用のメガネを買ったというわけ。

そして今日は、かかりつけの内科のもとへ。
首こり、頭痛がひどいので、肩に注射をうってもらった。
少しスッキリ。

週末は皮膚科へ行く予定。
今年も病院めぐりは、続くのであ~る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は「てもみん」

シュミテクトをためしてみたが、歯の痛みはおさまらない。
3連休明けの火曜日、歯科へ電話した。
「今日は予約がいっぱい」とのことだったが、
「歯が痛くて痛くて・・・」とうったえると、何とか受けてくれた。

定時ダッシュで、歯科へすっとんで行った。
歯の状態を診た先生、曰く
「薬を塗って、1日様子を見ましょうか。
痛みが治まらないようであれば、明日また来てください。
樹脂を貼る手とします。」

薬を塗ってもらうと、ほんの少し痛みがおさまったような気がした。

それにしても、年々、痛みに悩まされているようだ。
首、肩も痛い。
整骨院へ行こうかな、とも考えたが、三宮から元町までとなると、
けっこう距離もある。
そういえば、この近くに「てもみん」がある。
友人が割と良かったと言っていた。
一度行ってみようか。

店内に入り、
「予約をしてないんですけど、大丈夫ですか?」と聞いた。
「大丈夫ですよ。どのコースにされますか?」
「初めてなので、首・肩コース 20分にしてみます。
延長できますよね?」
「あとのお客様がいらっしゃらなければ、できます。」

店のカードに記入すると、すぐ案内してもらえた。
担当スタッフは、感じの良い女性。
「特に痛いところは、どのあたりですか?」
「今日は、両肩から首にかけて、です。」
我ながら、なんと、ざっくりした答え方だろう。

それでも、その女性はにこやかに、
(私は顔をうずめているので見えないが)
マッサージを開始した。

ほどよい強さで、コリがほぐれていくようだ。
私がもみほぐしてほしいところを、ちょうど良い早さで、マッサージしてくれる。
本当に、心身ともに、リラックスしていく感じ。

以前通っていたクイックマッサージは、人によって、力が強すぎたり
弱すぎたり、かえってこる感じだった。
そのあと、接骨院へ行ってみたが、施術の強さや時間も物足りなかった。
ついで、整骨院へ通ったが、あまりにも痛すぎて、翌日へたってしまうほどだった。
整形は2つ行ってみたが、医者もリハビリも、たいしたことなく・・・。

この過程があったからかな。
「てもみん」とは、ピッタリの店名だ。
もう少しもみほぐしてほしいと思い、10分延長した。

30分後、肩のあたりが温かく楽になった気分。
また来よう。
そう思い、店をあとにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧